韓国ドラマ ウォンテッド あらすじ 9話~10話 結末

   2017/05/15

韓国ドラマ ウォンテッド あらすじ 9話~10話 結末までネタバレ!
BSで放送予定の「ウォンテッド」の感想とキャスト・相関図も公開!
視聴率も好調で評価も高い!

韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「ウォンテッド」の9話~10話のあらすじと感想を結末まで紹介しています。
WOWOWで放送される全話を公開!

ウォンテッド-概要

「ウォンテッド」は、韓国のTV局SBSで放送されたノンストップスリラーです!
引退を表明した日に何者かに息子を誘拐された韓国の人気女優チョン・ヘインが、犯人の要求で生放送のリアリティ・ショーに出演して数々のミッションをクリアしていく様子を描いています。

■日本語字幕・全16話
■韓国放送視聴率-初回:5.9% 最終回:4.9%
■演出:パク・ヨンスン、キム・ユジン
■脚本:ハン・ジワン

スポンサーリンク


ウォンテッド-あらすじ-9話-10話

ウォンテッド-9話

女優・ヘインの息子・ヒョヌ誘拐事件は、収拾がつかなくなっていきます。ヘインは犯人の要求どおりミッションをこなしていましたが、無関係のところにも飛び火していたのです。例えば、事件を面白がる人間たちによってファンクラブが設立されたり・・。しかもそのファンクラブの会員によって、本事件と似たような事件が発生したり。

いわゆる模倣犯ですが・・テレビで公開にしたことは予想以上の影響を与えていました。そしてその影響は今後もますます拡大していきそうでした。どうする!?このまま番組を続けていっていいのかしら・・ヘインは究極の選択を迫られます。ここは一つ妥協して、ジョンホの言うとおり番組を終了させるか?いずれにしてもヘインが願うことはただ一つ、息子・ヒョヌが無事に戻ってくることです。

ただそれだけでいいのに・・なんでこんなことになっちゃったのかしら・・と。一方、誘拐犯はヘインに考える時間を与えてくれません。第6番目のミッションが終わったと思ったら、すぐにまた第7番目のミッションを伝えてくるのでした。新たな任務は・・イジウンをテレビ番組に出演させろ!というものです…。

スポンサーリンク


ウォンテッド-10話

誘拐犯から届いた7番目のミッションは、イ・ジウンをテレビに出演させることでした。ヘインがそのミッションを受け取った直後のこと、突然、イ・ジウンの母親が自決します!その方法は投身自殺・・彼女はUCNビルの屋上から身を投げたのですこうした状況の中で最新のウォンテッドが放送されました・・。ヘインはこれまで通り、犯人から与えられたミッションに従いながら番組を作っていきます。

今回のミッションはイ・ジウンを出演させることだったので、言われたとおりにします。こうしてイ・ジウンがウォンテッドに出演しましたが、彼女がテレビに映ったとたん、停電が起こります!こんなときによりにもよって停電なんて・・この番組は生放送だぞ・・なんとかしろ!と。スタジオの誰もが騒ぎ立ちますが、停電はわずかな時間で収まりました。

ところがスタジオが明るくなったとき、イ・ジウンの姿はもうどこにもありませんでした・・。やられた!ジウンは停電中に連れ去られたのだ!犯人はなんのためにこんなことを・・いや、実はジウンを連れ去ったのは犯人ではありませんでした。ジウンを連れ去ったのは、ヘインとスンイン刑事です。実はこうしなければならない事情があって、二人が相談したうえでジウンを連れ出したのです…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ ウォンテッド あらすじ 7話~8話 結末

放送中の人気の韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket