韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 3話~4話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 3話~4話 感想あり!
BSで放送予定の「離婚弁護士」を最終回までネタバレでキャストも公開!
視聴率も好調で相関図も準備中!

韓国ドラマ-離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「離婚弁護士は恋愛中」の3話~4話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。

離婚弁護士は恋愛中-概要

「離婚弁護士は恋愛中」は、韓国のSBSで2015年に放送されたラブコメドラマ。BS12では全22話放送予定。
■韓国放送視聴率-平均:4.5% 最高:6.0%
■出演者(代表作)-ヨン・ウジン(恋愛じゃなくて結婚、男が愛する時)、チョ・ヨジョン(ロマンスが必要、海雲台の恋人たち)、シム・ヒョンタク(白夜姫、ゴハン行こうよ、黒の旋律)、ワン・ジウォン(運命のように君を愛してる、相続者たち)、キム・ガプス(恋愛じゃなくて結婚、アイアンマン)
■制作スタッフ-脚本:パク・ヨンスン「私の人生、恵みの雨」「私の期限は49日」 演出:キム・アジョン

スポンサーリンク


離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-3話-4話-感想

離婚弁護士は恋愛中-3話

依頼人をけしかけたチヨッキ・・

あわててそれを阻止しようとジョンウは飛び出すが、時すでに遅し・・乗り込んだ依頼人により、現場は騒然としていた。

驚くジョンウは、必死でとめようとするが依頼人が離婚しようとしていた事、義母まで依頼人夫をさげすむような言葉を発し収拾がつかない状態になってしまう。

実は、依頼人夫は結恨記念日のサプライズパーティを用意していたのだった。

なのに、妻が離婚しようと思っていたこと、義母が自分に不満を持っていたことを知りショックを受け、逆に夫の方から離婚すると言いだしてしまう。

真実を知り、呆然とする依頼人・・・・。
売り言葉に買い言葉で離婚を言いだした夫・・・

そんな彼に対し、チヨッキは彼女らしい策を興じ、心を変えることに成功する。

改めて事務所を訪ねてきた依頼人は、ジョンウに『離婚します」と宣言。

ただし離婚するのはずっと夫の不貞で悩んできた母の方だ・・と言い

自分はジョンウに夫のいいところを見つけて書くように・・と渡されたノートを差出もう一度やりなおすと明るい笑顔で話す。
なんとか丸く収まった・・とホッとはするが、チヨッキがいるのが嫌でたまらないジョンウだが現場でインジェから辱めをうけている彼女を見て複雑な心境になってしまう。

事務所では、彼女がこのまま残っていいかどうかの投票が行われ・・・・

離婚弁護士は恋愛中-4話

最後の最後で迷ってしまったジョンウはなんとっチヨッキが残るかどうかに対し、賛成の票を入れてしまう・・・

自己嫌悪に打ちひしがれるジョンウ・・・

一方、チョッキが“選択”で働いていると知ったマ・ドンミは、インジェを訪ねチョッキを解雇するように言う。

チョッキを残すことにしてしまったジョンウだが新しい依頼人親子を守るため、チヨッキと行動していくうちに不思議な感情がでてきてしまう・・・。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 1話~2話 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket