韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 17話~18話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 17話~18話 感想あり!
BSで放送予定の「離婚弁護士」を最終回までネタバレでキャストも公開!
視聴率も好調で相関図も準備中!

韓国ドラマ-離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「離婚弁護士は恋愛中」の17話~18話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。

離婚弁護士は恋愛中-概要

「離婚弁護士は恋愛中」は、韓国のSBSで2015年に放送されたラブコメドラマ。BS12では全22話放送予定。
■韓国放送視聴率-平均:4.5% 最高:6.0%
■出演者(代表作)-ヨン・ウジン(恋愛じゃなくて結婚、男が愛する時)、チョ・ヨジョン(ロマンスが必要、海雲台の恋人たち)、シム・ヒョンタク(白夜姫、ゴハン行こうよ、黒の旋律)、ワン・ジウォン(運命のように君を愛してる、相続者たち)、キム・ガプス(恋愛じゃなくて結婚、アイアンマン)
■制作スタッフ-脚本:パク・ヨンスン「私の人生、恵みの雨」「私の期限は49日」 演出:キム・アジョン

スポンサーリンク


離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-17話-18話-感想

離婚弁護士は恋愛中-17話

チョッキはジョンウとの結婚を決意し、その後2人は一緒に地下鉄に乗ることにした。ジョンウはチョッキと一緒にトラウマを克服しようと頑張るのだった。

ドンミに呼び出されたミリは、ドンミに婚外子がいたことを認めたのだ。

ミリはユサンとの離婚を決め、その裁判をチョッキに依頼したのだ。

ミリはウランのことを隠し、元夫と結婚したことをユサンに脅されていた…。

元夫の不倫はミリと離婚させるために仕組まれたものだった。

一方、チョッキとジョンウはウエディングドレスを見たあと指輪を選びに向かった。

ジョンウはレストランでチョッキに指輪を渡そうと思っていたが、結婚に当たっての誓約書を考えるうち小さな喧嘩になってしまうwその後話し合いをして仲直りした2人は無事指輪の交換をしたのだった。

スアは弁護士事務所を辞め、アメリカに行くことを決めた。

入院していたはずのウランが病室からいなくなった

離婚弁護士は恋愛中-18話

チョッキとジョンウはユサンを発見する。

ミリはウランの骨髄移植の事で脅され、ユサンと離婚をしないという覚書を書かされる。

アメリカに行こうとしていたスアを呼び止めたチョッキは、仕事がまだ残っていると連れ戻す。その仕事とはドンミの弁護だった。

チョッキとスアは法廷で顔を合わせる。

ミリと前夫との離婚訴訟事件を明らかにし、ミリとユサンの離婚を成立させようとしていた。

ミリの書いた覚書はユサンの脅しにより書かされていたため無効となった。

ユサンの脅しで前夫と離婚になった経緯を証言し、ドンミ側に真実を明らかにして伝えることができた。

悪事が発覚したユサンは逮捕された。

判決を終えたミリは前夫の墓に行くと、今までの事を謝罪したのだった。

ユサンとの離婚も勝ち取り、ユサンから自由になったミリは芸能界を引退した。

この裁判でスアが解決した事でミンギュの父の法律事務所の経営危機は免れた。

そしてミンギュの法律事務所と統合することになる。

ジョンウとチョッキの結婚はお知らせだけ友人や知人にすることにした。

結婚したとの報告のはがきが届けられ、ミンギュもようやく現実を受け入れることが出来る…。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 15話~16話 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket