韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 13話~14話 感想

   2017/05/15

韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 13話~14話 感想あり!
BSで放送予定の「離婚弁護士」を最終回までネタバレでキャストも公開!
視聴率も好調で相関図も準備中!

韓国ドラマ-離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-ネタバレ

韓ドラ大好きリサッピです!

このページは「離婚弁護士は恋愛中」の13話~14話のあらすじと、リサッピの感想を紹介しています。

離婚弁護士は恋愛中-概要

「離婚弁護士は恋愛中」は、韓国のSBSで2015年に放送されたラブコメドラマ。BS12では全22話放送予定。
■韓国放送視聴率-平均:4.5% 最高:6.0%
■出演者(代表作)-ヨン・ウジン(恋愛じゃなくて結婚、男が愛する時)、チョ・ヨジョン(ロマンスが必要、海雲台の恋人たち)、シム・ヒョンタク(白夜姫、ゴハン行こうよ、黒の旋律)、ワン・ジウォン(運命のように君を愛してる、相続者たち)、キム・ガプス(恋愛じゃなくて結婚、アイアンマン)
■制作スタッフ-脚本:パク・ヨンスン「私の人生、恵みの雨」「私の期限は49日」 演出:キム・アジョン

スポンサーリンク


離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-13話-14話-感想

離婚弁護士は恋愛中-13話

チョッキはミンギュと一緒にいた。

それを知ったジョンウは2人の元に向かい、チョッキを連れて行ってしまった。

ジョンウはチョッキと話し合いをするも、チョッキの気持ちは戻らないようだった…。

ミンギュとジョンウはチョッキを巡り延々と飲み続ける…。

翌朝目覚めると、ジョンウの横にいたのはミンギュだったw

その状況でミンギュは婚約者ドンミからの電話を受ける…。

新たな依頼を受けるジョンウ。

今度の依頼人は夫からDVを受けているという女性だった。

ジョンウは証拠を押さえるために向かいのマンションの部屋から監視させてもらうことになった。しかしその時依頼人の身に危険が及んでいた…。

ジョンウに電話をかけた依頼人だったが繋がらずに、チョッキに電話がかかってくる。

チョッキはその依頼人の部屋に向かったのだ。

ジョンウは危機を知り急いで依頼人の家に向かう。

チョッキは依頼人を夫から守るため、トロフィーを投げつけた。

ジョンウが家に着いた時見たのは、倒れた夫のそばで血のついたトロフィーを手に持ったチョッキの姿だった…。

間もなくして警察がやってきた。そしてチョッキが逮捕されてしまたのだった。

離婚弁護士は恋愛中-14話

依頼人の娘の証言で逮捕されてしまったチョッキ…。

しかしジョンウはチョッキがやったと信じてはいなかった。

ジョンウはチョッキに必ず助けだすと告げると、自ら証拠を見つけ出ソウと依頼者の自宅の捜索を始めたのだ。

そして写真を見て、トロフィーの数が事件直後の数と合ってないことに気付いたのだった。なぜかトロフィーが娘の部屋から発見される。

ジョンウは真相を明らかにしようと依頼人と娘に会うが、2人は何かを隠しているようだった…。

そんな中、ジョンウは車中で消火器を発見する。

娘はチョッキがトロフィーを投げる前に母親が消火器を振りかざしていたのを目撃していたのだった…。娘が母を守るためにうその証言をしていたのだ。

チョッキの濡れ衣は晴れ、ようやく釈放される。

チョッキの弁護士資格停止の解除が決まった。

チョッキは新たな一歩を踏み出すため事務所をやめることにし、整理を始める。

一方、ミンギュはショッピングモールを貸切りチョッキへプロポーズするための準備をしていた。

完璧なプロポーズのはずだったが、チョッキは断ったのだ。

■前回のあらすじ⇒韓国ドラマ 離婚弁護士は恋愛中 あらすじ 11話~12話 感想

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket