韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 49話~50話 最終回

   2017/05/03

韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 49話~50話 最終回
「お願い、ママ」のあらすじを最終回までネタバレで配信!キャストと相関図も紹介!
視聴率も好調で動画の感想も好評!OSTとラベルもおすすめ!BSで放送予定!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ

このページは「お願い、ママ」の49話~50話のあらすじと概要を配信しています。BS日テレで全75話を放送予定!

お願い、ママ-概要

「お願い、ママ」は韓国のKBSで2015年に放送され、最終回で最高視聴率が38.2%に達した人気ホームドラマ。
キャストは『製パン王 キム・タック』のユジンと『温かい一言』のイ・サンウが主演を務めた。
『Loving You』のイ・ゴンジュンが演出を、『ブレイン 愛と野望』『ドラゴン桜』のユン・ギョンアが脚本を担当している。

イム・サノクは姑からいびられ、夫も頼りないせいですっかり肝っ玉母さんになってしまった。
サノクの3人の子供達もそれぞれ問題を引き起こし、母サンオクとケンカばかりの毎日だが…。

スポンサーリンク


お願い、ママ-あらすじ-49話-50話

お願い、ママ-49話

ドンチュルは病院でサンオクの病気はもう手の施しようがないと聞かされた。
医師の言葉に苛立ちを隠せないドンチュル…。

ヒョンギュはサンと近づこうと努力していた。
しかし努力の甲斐なく益々関係は悪化していた…。
そのためサンとしばらく距離を置くことにしたヒョンギュ。

お願い、ママ-50話

ヒョンギュはサンの事を考え、サンオクとハ別居すると話す。
しかしドンチュルはサンの父親としての役割を果たす前に、サンオクの子供としての役割を全うしろとヒョンギュをせめるのだった。

サンオクは、チェリ達が仲睦まじい夫婦を装っていることに気がついていた。
そしてそんなことはするなというのだった。

韓国ドラマ お願い、ママ 相関図 キャスト 最終回
韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 全話一覧 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket