韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 43話~44話 最終回

   2017/05/03

韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 43話~44話 最終回
「お願い、ママ」のあらすじを最終回までネタバレで配信!キャストと相関図も紹介!
視聴率も好調で動画の感想も好評!OSTとラベルもおすすめ!BSで放送予定!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ

このページは「お願い、ママ」の43話~44話のあらすじと概要を配信しています。BS日テレで全75話を放送予定!

お願い、ママ-概要

「お願い、ママ」は韓国のKBSで2015年に放送され、最終回で最高視聴率が38.2%に達した人気ホームドラマ。
キャストは『製パン王 キム・タック』のユジンと『温かい一言』のイ・サンウが主演を務めた。
『Loving You』のイ・ゴンジュンが演出を、『ブレイン 愛と野望』『ドラゴン桜』のユン・ギョンアが脚本を担当している。

イム・サノクは姑からいびられ、夫も頼りないせいですっかり肝っ玉母さんになってしまった。
サノクの3人の子供達もそれぞれ問題を引き起こし、母サンオクとケンカばかりの毎日だが…。

スポンサーリンク


お願い、ママ-あらすじ-43話-44話

お願い、ママ-43話

昔、キナムは息子チョルウンの相手としては条件が良くないと考え、ヨンソンとの交際を反対していたのだ。そして2人の事を別れさせたキナム…。
しかし数十年が経ち、あの時、ヨンソンがチョルウンの息子フンジェを妊娠していたことを知り態度が急変したのだった。

亡くなったチョルウンの元妻がチェリだけを生み、チョルウンの家には息子がいなかった。
そこでキナムはチョルウンとヨンソンの再婚を求めたのだ。
そして自分の願いが聞いてもらえると思いジネに会うと、フンジェと会いたいと懇願する。ジネはキナムの思いを受け、ヨンソンの誕生日パーティーを行うことを提案したのだ。

一方、フンジェはサンオクが飲む薬の袋を発見してしまう。
その後、フンジェはサンオクと病院でも出くわしたのだ。
サンオクはお見舞いに来たとごまかそうとしたが、フンジェはサンオクの闘病を知ってしまう…。
サンオクはただ一人、余命を知り混乱していた。
しかし子供達はそれぞれ、自分たちの事しか考えていなかった。
サンオクは自分が置かれた困難な状況でも、常に子供の心配が優先だったのだ。

お願い、ママ-44話

フンジェはチョルウンと一緒にお酒を飲んでいた。
泥酔したフンジェは思わず、父親が生きていたことの喜びを語ったのだ。

その翌日、チョルウンはフンジェを連れて銭湯へ向かった。
背中を流し合う2人は父子の関係に喜びを感じていた。
チョルウンとフンジェは関係回復を始めていた…。

ジネはサンオクを自宅に送っていくと、夜遅くに帰宅した。
家に戻ったジネは眠っているフンジェに、思わずに実家に行ったことを怒っているのかと言ったのだった。
しかしベッドで寝ていたのはフンジェではなくヨンソンだったw

韓国ドラマ お願い、ママ 相関図 キャスト 最終回
韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 全話一覧 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket