韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 35話~36話 最終回

   2017/05/03

韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 35話~36話 最終回
「お願い、ママ」のあらすじを最終回までネタバレで配信!キャストと相関図も紹介!
視聴率も好調で動画の感想も好評!OSTとラベルもおすすめ!BSで放送予定!

韓国ドラマ-お願い、ママ-あらすじ

このページは「お願い、ママ」の35話~36話のあらすじと概要を配信しています。BS日テレで全75話を放送予定!

お願い、ママ-概要

「お願い、ママ」は韓国のKBSで2015年に放送され、最終回で最高視聴率が38.2%に達した人気ホームドラマ。
キャストは『製パン王 キム・タック』のユジンと『温かい一言』のイ・サンウが主演を務めた。
『Loving You』のイ・ゴンジュンが演出を、『ブレイン 愛と野望』『ドラゴン桜』のユン・ギョンアが脚本を担当している。

イム・サノクは姑からいびられ、夫も頼りないせいですっかり肝っ玉母さんになってしまった。
サノクの3人の子供達もそれぞれ問題を引き起こし、母サンオクとケンカばかりの毎日だが…。

スポンサーリンク


お願い、ママ-あらすじ-35話-36話

お願い、ママ-35話

ジネ母の要望でヨンソンとの顔合わせが行われた。
ジネ母はなぜそのような要求をしているの説明したのだ。するとヨンソンは謝罪し、大切な娘さんを冷遇したこと詫びたのだった。

フンジェはジネと自宅に戻る。その時フンジェがチェリ優しくする姿にジネ母はちくりと刺さる言葉を投げかける。するとフンジェは自分の父親がチョルウンであることを打ち明けたのだ。その話をチェリは偶然部屋の外で耳にした。
あまりの衝撃に持っていた食器を落してしまう。

自宅に戻ったフンジェはフンジェはジネとの結婚後分家はしないと告げた。
それを聞いたヨンソンは不満を持っていた…。
そして自分は自由に暮らしたいとジネに伝えて欲しいというのだった。

お願い、ママ-36話

ジネはフンジェとの結婚式で着るため、ウェディングドレスの試着をしていた。
フンジェはそんなジネの姿を笑みを浮かべ見つめていた。
サンオクもまたジネのウェディングドレス姿を見ていた。
ジネは自分を見るサンオクのみすぼらしい姿を見て、洋服を購入しようと店に連れて行く。

一方、チェリ、フンジェ、チョルウン、キナムが再会を果たした。
フンジェの事を見たキナムだったが、孫と言う事が出来なかった…。
そしてなぜこの家族はバラバラとなってしまったのかと嘆くのだった。

フンジェとジネの結婚式当日、両家の家族と親戚らが一同に会した。
キナムやチョルウンもフンジェの晴れ姿を見にやってくる。

チョルウンはフンジェの務める会社の代表としてきたと言うが、キナムはフンジェの事を孫と言い未練を捨てきれていなかったのだ。

無事結婚式は進行し、フンジェとジネはキスを交わした。
そしてジネが投げたブーケを取ったのはヨンソンだった。

韓国ドラマ お願い、ママ 相関図 キャスト 最終回
韓国ドラマ お願い、ママ あらすじ 全話一覧 最終回

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket