韓国ドラマ 輝くか、狂うか 相関図 キャスト 視聴率

   2017/05/03

韓国ドラマ 輝くか、狂うか 相関図 キャスト 視聴率
最終回の視聴率が13%を記録した「輝くか、狂うか」のあらすじを配信!BSで放送予定!
動画の感想は面白いという評価ばかり!キャストと相関図も紹介!ネタバレ注意!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ

このページは「輝くか、狂うか」の概要、相関図とキャストの情報を配信しています!BSジャパンで全24話を放送予定!ネタバレ注意!

輝くか、狂うか-概要

「輝くか、狂うか」は韓国のMBCで2015年に放送された韓ドラ時代劇。
高麗の皇子と渤海王国最後の王女の恋を描いている。
平均視聴率は10.3%、最終回で最高視聴率13%を記録した。
キャストは主演にチャン・ヒョクを起用し、「おバカちゃん注意報」のイム・ジュファンらが悪役を見事に演じた。

高麗初期、高麗を不幸にするという破軍の星の下に生まれた皇子ワン・ソは父によって金剛山に追いやられる。
月日が経ち、皇宮を建て直すために父ワン・ゴンに呼び戻されたが、父は暗殺されてしまう。
暗殺犯を追って中原の開封にやって来たワン・ソはそこで渤海最後の王女、シンユルと運命的な出会いをするが…。

スポンサーリンク


輝くか、狂うか-相関図-キャスト

輝くか、狂うか-相関図

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-相関図

輝くか、狂うか-キャスト

ワン・ソ役 チャン・ヒョク

太祖ワン・ゴンの第四子で皇后(第三夫人)の三男。
不吉な星、破軍星の下に生まれ、禍を呼ぶとして皇宮外で育つ。
ひょんなことから、偶然出会ったシンユルと婚礼を挙げることに。

シンユル役 オ・ヨンソ

渤海最後の王女。青海商団を率いる。
天子の星、紫微星の下に生まれ、世の中を明るく輝かせる運命を持つ。
たまたま見かけたワン・ソに一目惚れしていきなりプロポーズする!?

ファンボ・ヨウォン役 イ・ハニ

太祖ワン・ゴンの第四夫人の娘。ワン・ウクの姉。
シンユルと同じく紫微星の下に生まれ、強い野望と権勢欲を持つ。

ワン・ウク役 イム・ジュファン

太祖ワン・ゴンの第五子。
ワン・ゴンの息子の中で最も優秀で、後継者と目されて育つ。
シンユルに出会って権力に目覚める。

韓国ドラマ 輝くか、狂うか あらすじ 全話一覧 視聴率

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket