韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 45話~46話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 45話~46話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の45話~46話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-45話-46話

六龍が飛ぶ-45話

チョン・ドジョンは戦を行うことをイ・ソンゲに勧め、ムミョンのムグクはバンウォンに戦を止めねばならないと話す。
チョン・ドジョンはバンジとヨニに自分が夢を持った経緯を話して聞かせる。
ヨニは自分が夢を持ち、心を癒やされたのはチョン・ドジョンのおかげだと言う。
そしてチョン・ドジョンはバンジにヨニと結婚することを持ちかける。
バンウォンは戦を進める三峰の潔さを見て、自分の行動の愚かさを悔いる。
イ・ソンゲは使臣として行った者たちが明の皇帝の命令で死ぬと、遼東征伐を宣言し、練武場に集合しろと王命を下す。
練武場に向かったバンウォンとバングァ、バンガンは猟犬を放ち、チョン・ドジョンは私兵の廃止を宣言する。
一方、ヨンギュは幼い子供とチョク・サグァンに武器倉庫を発覚されて戸惑うのだが・・・・・・。

六龍が飛ぶ-46話

バンウォンはムヒュルにバンソクとチョン・ドジョンを殺すと話す。
バンウォンの話を聞いたムヒュルはヨンギュが無条件に従えと言っていた言葉を思い出す。
バンウォンはヨンギュが作った機会を生かし、ヨンギュに関わったすべて人物を集めろと命じる。
ムヒュルは自分の判断の過ちでヨンギュが死んでしまったことを悔いる。
そしてチョン・ドジョンと弔問に来たバンジと戦うことになるのかと想像する。
バンウォンはプニからヨンギュがパン村で殺されたことを聞かされ、プニにその日が来たらしっかり判断しろと助言する。
イ・ソンゲとバングァはバンガンに遼東への出兵を提案し、チョン・ドジョンは出兵日を決める。
一方、ムヒュルはハ・リュンの手紙で、イ・スクボンが都に来ることを知り、バンウォンはすぐにチョン・ドジョンを討つことを決心する。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket