韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 39話~40話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 39話~40話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の39話~40話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-39話-40話

六龍が飛ぶ-39話

イ・ソンゲはチョン・ドジョンにバンソクを守ってほしいと告げる。
イ・ソンゲから話を聞いたチョン・ドジョンは、バングァではなくバンソクを王世子として守ることを誓う。
一方、ムミョンのヨンヒャンは、バンウォンの味方になり、機会を与えることを告げる。
批国寺からの帰り道、バンウォンは何者かに尾行され襲われる。
バンウォンを襲った刺客を捕らえたムヒュルに、バンウォンはあとの処理は任せると言い残して去ってしまう。
バンウォンとダギョンは開国功臣を知らせる貼り紙にバンウォンの名がないのを目撃する。
一方、チョン・ドジョンは財政と人事権を独占し、軍権まで独占することになる。
世子冊封の知らせにバングァとバンガンはバンウォンを訪ね、ヨニはプニに村に帰るよう勧めるのだが・・・・・・。

六龍が飛ぶ-40話

バンジを連れて六山を訪ねたチョン・ドジョンは、ムミョンの印を見つけ、六山がムミョンであることに気づく。
そしてチョン・ドジョンだと気づいた六山は、商人だと偽るチョン・ドジョンに調子を合わせながら、自分の正体を見破られていないか様子をうかがいながら2人の相手をする。
チョン・ドジョンは赤い封筒をピウォルに渡し、ヨニに渡すよう指示する。
このことにいち早く気づいた六山は赤い封筒を探そうとし、プニの組織員であるソンドルとチルボクもやはり赤い封筒を追う。
一方、ヨニだけと仕事をするチョン・ドジョンに不満を持っていたイ・シンジョクはバンウォンを訪ね、ある者から手紙を受け取ったチョヨンもまたバンウォンのところに向かうのだが・・・・・・。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket