韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 35話~36話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 35話~36話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の35話~36話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-35話-36話

六龍が飛ぶ-35話

チョン・モンジュに裏切られたことを聞いたイ・ソンゲ。
イ・バンウォンは落馬して怪我をしたイ・ソンゲを荷車に乗せて運ぶ。
一方、イ・ソンゲの駕篭はチョク・サグァンに襲われる。
しかしイ・ソンゲが乗っていないことを知ると、チョク・サグァンはすぐにイ・ソンゲを捜しに行く。
バンウォンは弱気になるイ・ソンゲを励まし、必ず自分が大業を成し遂げると誓いながら追っ手からイ・ソンゲを守る。
チョン・ドジョンの流刑地を訪ねたバンジは、イ・ソンゲが落馬したうえ、チョン・モンジュがチョ・ジュン、ナム・ウンをはじめとする党の人員を全員、流刑にしたことを報告する。
チョン・モンジュの裏切りに驚くチョン・ドジョン。
そこへ使いがやってきてチョン・ドジョンを開京に押送することを告げる。

六龍が飛ぶ-36話

チョン・モンジュを殺すことを誓ったバンウォンは、バンジ、ヨンギュ、そして家別抄の武士たちを従えて家を出る。
プニからバンウォンとヨンギュ、イ・バンジの計画を聞いたムヒュルは、チョン・モンジュの隣にいる女がチョク・サグァンであることを知らせるために走って行く。
チョン・モンジュの護衛としてお供するチョク・サグァンは、途中で殺気を感じ、チョン・モンジュを先に行かせる。
チョク・サグァンは自分を殺さなければ、チョン・モンジュは殺せないと話す。
チョク・サグァンに押されて傷を負うバンジ。
チョンリョンから報告を受けたヨンヒャンは、バンジが殺されると聞き動揺する。
一方、ミョサンとプニは、イ・バンジとムヒュルを心配し、市場にはバンウォンを処刑しろという内容の壁紙が貼ってあるのを見つけるのだが・・・・・・。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket