韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 33話~34話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 33話~34話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の33話~34話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-33話-34話

六龍が飛ぶ-33話

土地の資料を山積みにし、民の前で演説し民の心をつかむチョン・ドジョンを見て、感動するバンウォン。
チョン・モンジュは昔、チョン・ドジョンと共に学んだことを思い出しながら、部下を丹陽に向かわせる。
ヨニが牙山からイ・シンジョクが戻ったことを伝えると、チョン・ドジョンは準備を整えるよう指示する。
カップンはイソ郡出身の兄妹を探しに訪ねてきた僧侶がすぐに批国寺の僧侶であることに気づき、そんな人はいないとしらを切る。
そしてすぐにそのことをバンウォンに伝える。
村人と別れたプニはヨンヒャンと会うが、プニはヨンヒャンにムミョンなのかと聞く。
ヨンヒャンはムミョンのために2人を捨てた、そして今後は自分を捜してはならないと冷たく言い放つ。

六龍が飛ぶ-34話

母親に冷たく突き放されたプニは、1人悲しみを抱きながら帰ってくる。
気持ちのやり場のないプニは、ヨニに母親に会ったことを打ち明ける。
誰にも言えず悲しんでいるプニ。
偶然、その話を聞いたバンジは話を聞いて驚く。
チョン・ドジョンは出自を理由に朝廷から追放され捕らわれる。そのことを朝廷に訴えたのはチョン・モンジュだった。
チョン・ドジョンが連れ去れる姿を見ているチョン・モンジュに怒りをあらわにするイ・バンウォン。
そしてすぐにイ・ソンゲを探しに行く。
ヨンヒャンはイ・ソンゲを殺し、チョン・モンジュを指示して再び国を安定させようとする。
一方、狩に出ていたイ・ソンゲは突然飛んできた矢を避けようとして落馬し、このことを聞いたチョン・モンジュは、チョン・ドジョンをはじめとするイ・ソンゲ一派を追放しようとする。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket