韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 17話~18話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 17話~18話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の17話~18話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-17話-18話

六龍が飛ぶ-17話

ホン・インバンの脅しを受けたミン・ジェは早急に海東甲族の会合を召集し、上啓を王様に上げるという全員一致の意見をまとめ連名で署名しようとする。
しかしそこに現れたバンウォンは、火薬の入った箱を置き、ホン・インバンとキル・テミ、その背後にいるイ・インギョムを弾劾する上啓を王様に上げたいと話す。バンウォンの義父であるミン・ジェはバンウォンの強硬なやり方に一瞬反発するが、火薬の芯が燃え尽きる直前に連名書に署名する。
イ・ソンゲが海東甲族の支持を得たことで形勢は逆転する。
王様の教旨を受け取ったチェ・ヨン将軍は、ホン・インバン、キル・テミ、イ・インギョムを捕らえるよう命令を出す。
状況を耳にして慌てたホン・インバンは、イ・ソンゲが反乱を起こしたとうそを吐き、巡軍府の兵士を引きつれイ・ソンゲの家に乗り込む。

六龍が飛ぶ-18話

ホン・インバンが捕らえられたあと、キル・テミを捕らえに行く兵士たち。
兵士が分散していたためにキル・テミに次々と殺され、あたりは死体だらけになる。
キル・テミが道をあけるよう叫ぶ中、姿を現したのはカチドッサのイ・バンジであった。
イ・バンジの姿を見たキル・テミは容赦なく向かっていく。
三韓一の剣士の名を勝ち取ったバンジのそばで狂喜する民。
そして批国寺のチョンリョンもホン・インバンの手先として捕らわれの身となる。
ホン・インバンが処刑されるときチョン・ドジョンはこの高麗を建て直すつもりはないと伝える。
ホン・インバンが処刑場にいたホン・インバンの従者が生き残っていることを不思議に思ったプニは、あとをつけていく。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket