韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 15話~16話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 15話~16話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の15話~16話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-15話-16話

六龍が飛ぶ-15話

三峰を訪ねていったタンセは、ヨニとプニが三峰のそばから離れないのなら、自分が三峰をこの世から消すと話す。
三峰からタンセが離れてすぐ、殺気を感じたタンセは刀を抜く。
刺客が三峰を狙っているという話を聞いたバンウォンとムヒュル、そしてプニとイ・ソンゲは急いで三峰のもとへ走る。
いち早く三峰のもとへ着いたヨニは、ピョク・サゲの攻撃から三峰を守る。
そこへ戻ってきたタンセ、そしてちょうど到着したムヒュルも加勢する。
続いて到着したイ・ソンゲは弓矢で逃げようとする刺客を捕らえる。
一段落したあとで誰かの視線に気づくタンセ。生き別れていた2人は涙ながらに再会を果たす。
プニは弱虫だったタンセが武人になったことを意外に思うが、プニは自分の言葉でタンセが無理して武人になったことを謝る。
そしてヨニとも再会するプニ。
タンセは三峰のところに行き、ヨニとプニのためにここに残ると告げる。

六龍が飛ぶ-16話

都堂の会議では日々度を超すホン・インバンの蛮行についての議論が始めろうとしていた。
しかし都堂に現れたホン・インバンは、謀反をもくろんでいたチョ・バンを捕らえたと報告する。

ホン・インバンの弾劾が秒読みだった都堂ではどよめきが起こる。
イ・ソンゲは腹を立てて証拠があるのかと発言するが、ホン・インバンは証拠を突きつけ、イ・ソンゲを黙らせる。ホン・インバンが捏造した謀反の話に朝廷は覆る。
イ・インギョムを失墜させ最高権力者になったホン・インバンは、海東甲族と関係を結べなかったことを恨み、海東甲族をひざまずかせるためにチョ・バンをはめたと推測したバンウォン。
海東甲族のミン・ジェを訪ねたホン・インバンは、チョ・バンの謀反の背景には海東甲族とイ・ソンゲがいると言い、自分にひざまずけと脅し、謀反を仕組んだのはイ・ソンゲだと書かれた上啓を王様に上げなければ、海東甲族の700年の歴史は終わると話す。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket