韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 11話~12話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 11話~12話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の11話~12話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-11話-12話

六龍が飛ぶ-11話

ホン・インバンにすっかり裏をかかれたイ・インギョムは、イ・ソンゲの安辺策がなぜ通ったのかを調べさせる。
安辺策が可決した前日、ホン・インバンがイ・バンウォンに会っていたことを知ったイ・インギョムは、すぐさま手を打ち、イ・ソンゲの安辺策が通った背景には、ホン・インバン、キル・テミ、イ・ソンゲの密約があったという匿名の文書を送らせる。案の定、都堂は大騒ぎに。
一方、イ・ソンゲの命令で安辺策を撤回するために都に来たバングァは、兄のバンウに相談するが、軍律には絶対に従うべきだと一喝される。
話を聞いたチョン・ドジョンは急いでバンウォンの家に向かう。
そしてバンウォンが咸州に向かおうとしていた時、ちょうど咸州から到着したヨンギュは、安辺策が撤回されることを告げる。
驚くバンウォンとプニ。バンウォンはいきなりバンウに叱りつけられ自分の過ちだったと詫びる。

六龍が飛ぶ-12話

イ・インギョムがイ・バンウォンを捕らえ拷問を受けさせるがバンウォンは一向に口を開かない。
一方、イ・インギョムが仕掛けた罠であったはずなのに、都堂で証拠に出された文書は予定していたものとは違い白允を殺したという内容に替わっていた。
何者かによってすり替えられたことが分かると、イ・インギョムは影の人物を疑い始める。
イ・ソンゲが戦で大勝した中、バンウォンの捜査は続く。
一方、ホン・インバンとキル・テミのもとへ訪れたバンウは、バンウォンを助けるために動き出す。
バンウは秘密を握るヤクサンを引き渡すが、あちこちにイ・インギョムの息がかかっていて意味がない。
獄舎の中で1人孤独に耐えるバンウォンは、イ・ソンゲが戦に負け生死が分からないと聞いて弱気になる。
イ・インギョムはバンウォンが自暴自棄になるのを待ち、ヤクサンを殺せと命じる。
イ・インギョムがヤクサンを殺させたことを知ったホン・インバンたちは、新たな証人を探すことになる。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket