韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 9話~10話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 9話~10話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の9話~10話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-9話-10話

六龍が飛ぶ-9話

チョン・ドジョンはついにウンチャンを殺した者たちと手を組むことを決める。 その決意を話しているそばにはヨニがひっそりと佇んでいる。 ヨニは花事団のチョヨンにイ・ソンゲの動向を報告するのだが、イ・ソンゲが提案した安辺策は話にならないと一笑に付す。 チョン・ドジョンの意志をかなえようとするヨニは、チョヨンにチョン・ドジョンの行方を聞かれても知らぬ存ぜぬを貫き通す。 一方、チョン・ドジョンはプニの帰りを待っている仲間のいる洞窟に入り込み、仲間と一緒にプニの帰りを待つ。 チョン・ドジョンから、今後、勢力を強めるためにはイ・ソンゲを味方につけることが必要だと言われたホン・インバンは、イ・ソンゲが勢力に加わるはずがないと疑問を持つものの、イ・ソンゲの安辺策を通せば味方になると言われ考え込む。 目障りでありながらも軍を掌握しているチェ・ヨン将軍とイ・インギョムを牽制できるのであれば、チョン・ドジョンの提案を断る理由はない。 しかし、翌日の都堂では早速イ・ソンゲの安辺策が取り沙汰されるが、賛否両論で収拾がつかない。 都堂の雰囲気を静観していたホン・インバンは、安辺策に反対する立場を取ろうと決めるのだが……。

六龍が飛ぶ-10話

イ・ソンゲはチョンリョン和尚から安辺策のことを初めて耳にする。
そして部下を呼び誰が安辺策を都に上げたのかを辿っていくとバンウォンが浮かび上がった。
驚いたイ・ソンゲはすぐにバンウォンを捕まえるよう命じるが、すぐに都で話を聞いたバンウォンは、チョン・ドジョンの掲げる安辺策を都堂で通過させるべく、ホン・インバンを訪ねる。
チョンリョン和尚がイ・ソンゲに足止めされていることを告げたバンウォンは、代わりに自分を捕まえればいいと訴える。
翌日の都堂、安辺策が否決されると思っていたイ・インギョムの思惑とは裏腹に、大多数の賛成を得て可決されてしまう。
ホン・インバンとキル・テミに裏切られて臍をかむイ・インギョム。安辺策可決の知らせを受けたバンウォンは、新しい時代の訪れを感じる。
なぜ裏切ったのかとキル・テミに詰め寄るイ・インギョム。
そして急に賛成派にまわったホン・インバンを怪しむチョン・モンジュは、チェ・ヨン将軍の態度にも解せないものを感じる。
一方、安辺策の通過を喜ぶヨニだが、チョン・ドジョンは謎の武士の登場を警戒する。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket