韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 7話~8話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 7話~8話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の7話~8話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-7話-8話

六龍が飛ぶ-7話

チョン・ドジョンにもらった木の人形を使い、別々の場所で暗号を解読したバンウォンとプニ。 プニはムヒュルを従えて暗号に出ていたとおり咸州へと向かい、バンウォンはヨンギュを従えて開京に戻り、まだ分からぬ何者かが、父親であるイ・ソンゲを中心とした新しい国作りを計画していることを知る。 ところが咸州にいる仲間に知らせてはならないと聞いたヨンギュは仲間を裏切れないと言い去ろうとしたが、バンウォンはヨンギュを説得する。 咸州にいるイ・ソンゲの所に到着したプニが、それまで流民が経験したことを涙ながらに話すと、それを聞いたイ・ソンゲとその仲間たちは憤りに震える。 ホ・ガンは呼び出されたプニは間者ではないかと追及されるが、状況を適格に判断したプニは、ホ・ガンに暗号の内容を伝える。

六龍が飛ぶ-8話

罠にはめられ何者かに捕らわれたバンウォンとホ・ガン。 ヨンギュはすぐにイ・ソンゲ将軍のところに駆けつけバンウォンが拉致されたことを告げる。 捕らわれたバンウォンとホ・ガンは殺される直前でちょうどそこに居合わせたムヒュルに助けられる。 一方、バンウォンを拉致したと誤解されたプニ。駆けつけたヨンギュによってバンウォンの拉致とは関係ないことは判明するものの、イ・ソンゲに追及される。 プニが答えに困っているとチョン・ドジョンが姿を現し、助け船を出す。 部下に背負われて到着したバンウォンは、チョン・ドジョンの姿を見て頼もしく思う。 チョン・ドジョンは都堂の3人組を倒すためにはイ・ソンゲの力が必要だと力説する。 チョン・ドジョンの話を聞いていた流民たちは皆、力を貸してほしいと頼む。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket