韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 3話~4話 相関図

   2017/05/03

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 3話~4話 相関図
BSで放送予定の「六龍が飛ぶ」のあらすじをネタバレ!
相関図とキャストも公開!視聴率も好調で動画とラベルも人気!

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ

このページは「六龍が飛ぶ」の3話~4話のネタバレと概要を配信しています。BSフジとLaLa TVで全65話を放送予定!

六龍が飛ぶ-概要

「六龍が飛ぶ」は韓国のSBSで2015年に放送された人気の時代劇。
平均視聴率は14%、最終回で最高視聴率の17.3%を記録した。
脚本は「宮廷女官チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョンと『JSA』の原作小説を執筆したパク・サンヨンが担当している。
キャストは若手スターのユ・アインや国民的俳優のキム・ミョンミンが共演し、他のキャストも合わせてSBS演技大賞を多数受賞した。日本でもタレントとして活躍していた女優のユンソナも出演している。
ドラマの劇中歌にはJYJジュンスを起用し、各音楽配信サイトの上位に曲がランクインするなどし大ヒットした。

スポンサーリンク


六龍が飛ぶ-あらすじ-3話-4話

六龍が飛ぶ-3話

幼いバンウォンは鎮圧がおさまる頃、倒れている儒生の中にチョン・ドジョンの弟子であるホ・ガンと出会う。
バンウォンはチョン・ドジョンのようになりたければ成均館に入れと言ったホ・ガンの言葉を聞き、イ・ソンゲに一緒に戻らないと伝える。
一方、幼いプニとタンセは流刑になったチョン・ドジョンが移送されるあとを追い、長平門でチョン・ドジョンが歌った歌を母も歌っていたことを話し、何の歌なのかを聞く。
親子を装い近付いてきた子供たちに戸惑いながらも、チョン・ドジョンは、その歌は恭愍王が作った歌であり、恭愍王と魯国公主に仕えた宮中のごく僅かな者だけが知る歌だと教える。
さらに公主に仕えていたヨンヒャンという女官は18年前に死んだと告げる。話を聞いたタンセは母親捜しの手がかりをつかめずがっかりするのだが……。

六龍が飛ぶ-4話

成均館の儒生たちが犠牲になる事件が次々と起こる中、師としてあがめるホン・インバンがキル・テミと取り引きをしていたことを知り、ホン・インバンの家で待ち伏せる。
善とは何か、正義とは何かを問答しているうちに興奮したバンウォンは、正義は悪を容赦しない、悪を放伐すればこそ正義なのだと叫び帰っていく。
だが自分が雇った刺客がイ氏3兄弟を殺したのではないことを知ったインバンは、まさかと思いながらバンウォンを訪ねる。
ところがインバンの顔を見るなり、死人の手にホ・ガンの服のひもを握らせたのは師匠だったのかと意表を突かれ、バンウォンが張本人だったことを確信する。
一方、母親捜し出た幼いタンセは老女官からキル・ソンミのことを聞き、訪ねていった先でショッキングな話を耳にする。
幼いヨニは七夕祭りを家で過ごすために帰ってきたタンセに牽牛の服を渡すが、七夕祭りの日、村が襲撃されてしまう。

韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 相関図 キャスト
韓国ドラマ 六龍が飛ぶ あらすじ 全話一覧 相関図

スポンサーリンク


おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket