韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 28話~30話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 28話~30話 最終回まで感想とネタバレあり!
BSで放送予定の星になって輝くのキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の28話~30話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-28話-29話-30話

星になって輝く-28話

ボンヒはモランにドレスを見つけたら取っておいてと頼み店を出た。

サラ・パクはショーウインドウをのぞいているのがボンヒだとは気づいていない。

モランはボンヒは女優の記事を読まないか不安を感じていた。

するとエスクは上だけ見て進めばいいと助言したのだった。
翌日、新聞記事にはドレスのデザインをしたのが女子大生モランと乗っているのを見てうれしかった。しかしその反面ボンヒに見られないかとの不安を感じていた。

ジョンヒョン母がエスクの元にやってきた。

そしてサラ・パクが明洞に洋装店を構えるらしいと話したのだ。

その頃、ヨングは新しい洋装店がオープンすると聞き面接を受けに向かう。

裁断の実技試験中、エスクは偵察にやってきた。

裁断室にいるヨングを見かけた。挑発し合う2人…。
ジョンヒョンはボンヒと話しをしていた。

そしてその話の中でボンヒが恋しい相手が自分だとわかったジョンヒョン。
デザインが思いつかないボンヒに、着る人のことを考えろとアドバイスしたジョンヒョン。考えるボンヒをジョンヒョンは見つめていた。

ボンヒはジョンレの言葉を思いだし、デザインを描き始める。

すると染色工場にモランがやってきた。中をのぞくとボンヒがジョンヒョンにデザインの説明している様子が見えた。2人が顔を近づけ見つめ合う姿を見たモラン…。

星になって輝く-29話

モランはジョンヒョンとボンヒが見つめ合っているのを見てしまった。

そこに入っていくとジョンヒョンはモランにキム・ウソクだと挨拶した。

ボンヒが買い物に出た時、ジョンヒョンはモランにこの事はボンヒと家には秘密にしてほしいと頼んだのだ。

モランはパターンを探していた。しかし見つけられなかった。

そこにボンヒが戻ってきた。モランはその時初めてボンヒがパターンなしで服を作っていることを知り驚愕する。

ボンヒがソングクにモランを紹介しているとそこにキム記者がやってきた。

エスクが記者にGBブティックの事を尋ねると、社長はアメリカ帰りの有名な方だと聞かされる。
記者はモランにあの女優の着ていたドレスが本当にモランの作品なのか尋ねた。

ドンピルはエスクからジョンヒョンがボンヒの染色工場にいると聞いた。

一方、ジョンヒョンはソングクがベトナムから持ち帰った缶詰で料理をする。

そしてソングク、ジョンヒョン、ボンヒ達は食事をしながらお酒を飲んでいた。

ボンヒはモランがキレイで見とれたと言うと、ソングクはボンヒはあの子より顔もスタイルも劣ると言った…。

お酒を飲み倒れそうになるボンヒをジョンヒョンが支えた。

ソングクはお前なんかにボンヒはやらないからなと忠告する。
翌日目を覚ましたボンヒだったがジョンヒョンの姿が見えないことに気が付いた。

工場に行っていると思い染色工場へ向かったボンヒ。

するとそこにドンピルがやってきたのだ。

星になって輝く-30話

ドンピルはジョンヒョンがいるか確認しにやってきていた。

しかしそこにジョンヒョンの姿がないことを確認すると帰って行った。
一方、モランは布がうまく縫えずイライラしていた。その時ふと思いつき、工場へ向かったモラン。ボンヒの事をうまく誘いだしたのだ。

ボンヒを大学に連れてきたモランはスケッチブックを渡し、ここに作りたいものを描いてと言ったのだ。

モランはボンヒの書き上げたデザインを見て満足した。
ボンヒはチュンジャが持ってきた、おかずを新聞に気が付いた。そしてモランの記事を知ったのだ。ボンヒの書いたデザインに喜んでいたモランの元にボンヒがやってきたのだ。ボンヒはどういうことかと詰め寄った。するとモランは土下座する。

ボンヒはデザイン画を破って帰って行ったのだった。

ボンヒが帰るとジョンヒョンがお帰りと言ってくれた。

つかれたと言うボンヒに肩を貸すジョンヒョン。

そして購入した服と靴をプレゼントしたのだった。

ジョンヒョンはこれを着てデートに行こうと言った。

モランはお金でボンヒからデザインを譲ってもらおうと考え、染色工場へ向かった。

その時工場から手をつないで出てくる2人の姿を目撃する。

モランは腹が立った。そして警察にジョンヒョンの居場所を通報したのだった。
ジョンヒョンは工場を去る準備をしていた。するとそこに警察がやってきた。

ボンヒは刑事に写真を見せられるが知らないといいきった。

すると刑事がボンヒに手をあげた。刑事から脅されるボンヒを見ていられなくなったジョンヒョンは姿を現し刑事の事を突き倒したのだ。

ジョンヒョンはボンヒに謝った…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket