韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 25話~27話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 25話~27話 最終回まで感想とネタバレあり!
BSで放送予定の星になって輝くのキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の25話~27話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-25話-26話-27話

星になって輝く-25話

ボンヒはやってきた刑事から写真を見せられた。ジョンヒョンは隠れていたが、イム社長の部下が連行されてしまう。

一方、徹夜していたモランが仮眠中、裁断師が誤ってモランの作品にはさみを入れてしまう。裁断師は店から逃げ出した…。

ボンヒが洋装店へ行き落ちていた布を拾いあげた時、モランがやってきた。

その布が斬られていることに気が付いたモランはボンヒの事をひっぱたいた。

そして生地の代金を弁償するか同じものを作れと言い放ったのだ。

当の裁断師はエスクの誘導で自分がはさみをいれてしまったことを言ってしまう。
ボンヒは手芸店に寄るとジョンレに抱きつき元気をもらう。

ジョンヒョンは1人仕をしていた。そして黙々と仕事をこなしていく。仕事を終えると、ボンヒが難しい本より漫画のほうが読み易いと言っていた事を思い出し染色について絵で描こうと考える。
ボンヒはモランのデザイン画を見ていた…。

そして箱に入っていたミスンからもらったデザイン帳を出してみる。

ボンヒはミスンのデザインを参考にして服を作る事に決めた。

ジョンヒョンはボンヒに声をかけず出て行ってしまった。

ボンヒはしばらくしてジョンヒョンの残したノートと軍服を見つけ感心する。

バスが止ると中から数人の男達が降りてきた。暴力を止めに入ったジョンヒョンは、軍服着ている男性と一緒に男達をやっつけた。

ホン・ソングクがボンヒと久々の再会を果たすのを見たジョンヒョンは、一緒に働いていたのがボンヒだと知った!

星になって輝く-26話

ジョンヒョンは大将と呼ばれていた女性がボンヒだと知った。
モランはボンヒの服作りに口を出す。

ソングクが無事帰国した事を祝ってみんなで楽しく食事をしていた。

翌日、体調の良くないボンヒだったが仕事に向かった。その途中倒れそうになるボンヒを支えるジョンヒョン。それでも仕事に行こうとするボンヒに、ジョンヒョンは自分が代わりに行くと言ったのだった。

ジョンヒョンはボンヒの作った服を紙袋に入れて洋装店へ行くと、ミシンのそばにその紙袋を置いた。すると中身を確認していないモランがそのまま紙袋を持って行ってしまう。

キム・ジンスクのプレゼンを見た教授は褒めていた。

そこに遅れてやってきたモラン。モランの作品を見た教授はぞうきんにしか見えないと言い放った。モランは怒りが収まらなかった。

ソングクは警官がデモしている学生を捜している事を知った。

そんな中、「前日の事で話をしていたソングクとジョンヒョン。

ソングクは子どもの頃のジョンヒョンを思い出した。2人は久々の再会を果たしたのだった。

星になって輝く-27話

ソングクはボンヒがジョンヒョンの事に気が付いているのか尋ねた。

そしてここから出て行ってほしとソングクは告げたのだった。

するとジョンヒョンは黙っていてほしとソングクにお願いする。

そして借りを返すと誓ったのだ。
教授からダメ出しされたモランは暴れていた。

一方、ボンヒの作った服を気に入った女優はそれを購入していった。

ジョンヒョンはソングクの家に行こうと考えていた。

ソングクは何かあったら許さないと忠告した。

ジョンヒョンは10年間ここにいるとソングクに告げたw

あの女優がボンヒの作った服を着て、ベストドレッサーに選ばれたとの記事が出た。

一方、モランはヨングの作った服を持って大学へ行くと教授は笑顔を見せる。

その時、モランは同級生から昨日のドレスを着た女優がベストドレッサーに選ばれたとの記事を見せられたのだ。エスクのその記事を知った。そしてモランにこれで洋裁店もモランも救われると話したのだった。そしてこのチャンスをどうするかはモランが決めるよう告げた。
あの女優が店にやってきた。そしてモランに抱き付くとドレスのお礼を告げたのだ。

写真を撮られ喜ぶモラン。すると女優は映画の衣装も頼んでいったのだ。
ボンヒが店にやってきた。するとモランはあの服は捨てたからもうここには2度と来るなと追い出したのだ。

しかしボンヒは再び洋装店ヘ向かった。あの服は自分にとって初めての作品だったと言い、どこに捨てたのか教えて欲しいとモランにお願いする。

モランは答えなかった…。ボンヒはゴミ箱の中を探し始める。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket