韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 4話~6話 最終回

   2017/05/02

韓国ドラマ 星になって輝く あらすじ 4話~6話 最終回まで感想とネタバレあり!
BSで放送予定の星になって輝くのキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-星になって輝く-あらすじ-ネタバレ

このページは韓ドラ「星になって輝く」の4話~6話のあらすじをネタバレしています。

星になって輝く-概要

「星になって輝く」は、韓国のKBSで2015年に放送されたヒューマンドラマ。BS日テレでは全64話放送。
■原題-星になって光る(별이 되어 빛나리)
■韓国放送視聴率-平均:11% 最高:16.7%
■出演者(代表作)-イ・ハユル(夜警日誌、華政)、チャ・ドジン(奇皇后)
■制作スタッフ-演出:クォン・ゲホン「未来の選択」 脚本:ユ・ウナ / チョ・ソヨン

スポンサーリンク


星になって輝く-あらすじ-4話-5話-6話

星になって輝く-4話

ジョンヒョンの父親はボンヒ養父の工場を買収しようと企んでいたが、拒まれてしまう。

ボンヒ養父は、ジョンレからボンヒは愛人の子供なのではないかと責められていた。

身に覚えのないボンヒ養父は疑問を感じ、エスクに自分とうわさになっていた女が誰だったのかを尋ねに行った。
終戦後、ミスン父が親日派だったため袋叩きにされていた。そんな騒ぎの中、ミスン父父を助けたのがボンヒ養父だったのだ。

ボンヒ養父とミスンは幼馴染だったのだが、勝手に誤解をした人々によってボンヒ養父とミスンがデキていると噂をたてられてしまっていたのだった。

エスクはミスンがドンピルに宛てた電報を勝手に読んでは捨ててしまっていた。

一方、街の噂を鵜呑みにしていた祖母はエスクにミスンとドンピルの噂が真実か尋ねた。エスクがその時嘘をついたせいでこのようなことになってしまっていたのだ。

エスクはボンヒ養父に噂となっていた相手がミスンだったと告げるが、自分はその噂を否定したと弁明する。
ドンピルはエスクとボンヒ養父の会話の内容が気になっていた。

そこでボンヒ養父を飲みに誘ったドンピル。

しかし酔っぱらったドンピルはミスンの子供の父親が自分だったと暴露したのだった。

星になって輝く-5話

ドンピルは自分の劣等感に勝つことができないでいた。
ある時、ボンヒ養父はドンピルが工場の機密資料を金庫から盗もうとしているのを発見する。もみ合いとなった2人だったが、ドンピルが思いっきり突き飛ばしたせいでボンヒ養父は金庫の角に頭を打ちつけて倒れてしまう。
ボンヒは、モランとエスクの洋服店に行った。

そこにエスクはいなかったが、洋服デザイナーになる夢を持っているボンヒは店の布でゴミになるような端切れをもらおうとした。

するとモランはボンヒに店で一番高級な布を渡してしまう。
店に戻ったエスクはすぐ、店の高級布が無くなった事に気が付いた。

モランに問いただすと、モランはボンヒに頼まれて高級布をあげてしまったと答えたのだ。誤解したエスクはすぐボンヒの家へ向かい、ボンヒに向かって布を盗んだことを責めたてる。ボンヒはもらったといい張っていた。

そこにジョンレが現れると、ボンヒは嘘をつくような子ではないといい、もらった高級布を地面に投げ捨てたのだ。

星になって輝く-6話

ドンピルは頭から血を流すボンヒ養父をそのままにして帰宅した。

エスクはドンピルの帰宅を待っていたが、帰宅したドンピルがヒョンの命を奪ってしまったと話したことに耳を疑う。

しかし翌日、2人は口裏を合わせるのだった。
ヒョンはドンピルに突き飛ばされて頭から血を流していたが、何とか生きていた。

そこにやってきた何者かに助けを求めたヒョンだったが、その人物によってヒョンの命は奪われた…。近くには割れた花瓶が残されていた。
花瓶は、ユン会長が贈ったものだった。ユン会長は事情聴取を受ける事となる。

その後ヒョンの葬式に出席したユン会長だったが、ジョンレに罵倒されてしまう。
一方、ドンピルは葬式の最中人々の目を盗み、ヒョンが借金取りから借りたお金と機密資料を盗みだす。しかし振り返るとそこにボンヒが立っていたのだった…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket