韓国ドラマ オーマイビーナス あらすじ 15話~16話(最終回) 日本放送

   2017/05/02

韓国ドラマ オーマイビーナス あらすじ 15話~16話(最終回) 日本放送はBSで視聴率も好調!
「オーマイビーナス」の感想とネタバレを配信!
日本語字幕の動画とレンタルDVDも人気でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-オーマイビーナス-あらすじ-ネタバレ

このページは「オーマイビーナス」の15話~16話(最終回)のあらすじを公開しています。BS11で放送予定の全16話をネタバレ!

オーマイビーナス-概要

「オーマイビーナス」は、韓国のKBSで2015年に放送されたロマンチックコメディ。原題同じ。
■韓国放送視聴率-初回:7.4% 最高:9.9%
■出演者(代表作)-ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」「主君の太陽」)、シン・ミナ(「僕の彼女はクミホ」「アラン使道伝」)、チョン・ギョウン(「ロマンス・タウン」「美女の誕生」)、ユ・イニョン(「仮面」「奇皇后 -ふたつの愛 涙の誓い-」)、ソンフン(「シンイ―信義―」「熱愛」)
■制作スタッフ-演出:キム・ヒョンソク「棚ぼたのあなた」、 イ・ナジョン「優しい男」 脚本:キム・ウンジ

あらすじ
カン・ジュウンはその美貌から高校時代に「大邱のビーナス」と呼ばれモテモテだったが、それから15年の時が経ち、弁護士となったジュウンは多忙とストレスですっかりポッチャリ体型になってしまっていた。
恋人にも振られたジュウンだったが、世界的有名なトレーナー、ジョン・キムと出会いダイエットに励むことにするが…。

スポンサーリンク


オーマイビーナス-あらすじ-15話-16話

オーマイビーナス-15話

クリスマスの夜、二人は安らかで幸せな時間を朝まで一緒にすごす。

次の朝、ジュウンはヨンホの誕生日にワカメスープを作ってあげ美味しい朝食を二人で食べる。甲状腺機能の数値も標準値になり食制限も神経質に行わなくてもよくなったジュウン。

今日は何がしたい?というヨンホが聞くと何もしないで二人で一緒にひっついていたいというジュウンの希望により二人ソファーでくつろぎながらテレビをみたりして楽しく過ごすヨンホとジュウン。リラックスしてすごしてたのもつかの間、相変わらずトレーニングを継続して行うようジュウンに指示するヨンホ。

ヨンホにとっては足の傷の為にも一日も欠かさずトレーニングを行うことが生活の一部になっていますがもはやダイエットに成功して美しくなったジュウンにとってトレーニングはやや面倒くさい様です。

二人で楽しい時間を過ごしていると突然、ジュウンの母親がソウルに来たという電話があり家に戻るジュウン。34歳になってもまだ結婚しない娘を心配する母親。付き合っている男性がいるようなら早く紹介しろとジュウンにいう。

弁護士として活躍していてもやはり母親の立場では娘の結婚を望んでいるのですね。

過去のわだかまりも解けて現在は同じチームで学生時代の頃のように仲良く仕事をこなすジュウンとスジン。
クライアントとの打ち合わせが終わった後のスジンの体調がさえない様子。十分に痩せているし綺麗なのだからちゃんと食べろというジュウン。

一方、ウシクは夕食を一緒に食べようとスジンにメールをするも返信がない。
心配になって電話しているとカホン病院の駐車場で偶然にもスジンの姿を見かける。気になってスジンの後をつけるウシク。するとスジンは病院の産婦人科に入っていった。その姿を見て微笑むウシク。

ウシクはスジンが産婦人科に行ったのを見て妊娠したと思ったようです。

ジュウンが家に帰るとジュンソンとジウンがジュウンの母親と一緒に楽しく花札をしていた。
ジュウンも加わり4人で花札をしていると突然インターホンがなる。ジュウンがドアを開けてみるとスーツを着て豚足と花束を持ったヨンホが玄関の前に立っていた。
何のことかを察して気を利かせて先に家に帰るジュンソンとジウン。

母親の前で自己紹介をするヨンホ。ジュウンを嫁にしてくれるか?と聞く母親に対し“はい”と答えるヨンホ。すると“じゃあいいわ”とそれ以外は何も聞かずにあっさりと結婚を許可する母親。

ジュウンの母親は話さなくてもヨンホの温かい人柄を見抜いたようですね。

病院の検査を受け家に戻ったスジン。
間もなくウシクがおかゆを持ってやってくる。産婦人科に入ったスジンを見ててっきり妊娠したものと思ったウシクはスジンにベビーシューズをプレゼントする。

確認もせず早とちりですね・・・

するとスジンが妊娠はしていない。そういうこともないし望んでもいないと答える。
結婚して子供を産むなんて自分にはまだ心の準備ができていないようだとウシクを突き放すスジン。
さらにクリスマスにウシクがプレゼントしたダイヤの指輪も指から外してしまっていた。
それを見たウシクは心配して何か良くないことがあったのか?と聞くがスジンは“もう帰ってよ”と叫ぶだけ。仕方なくスジンの家を後にするウシク。

実はスジンは産婦人科の検査の結果、妊娠するのは難しいとの診断を受けていた。どうやら過去の過度なダイエットが原因であるらしい。また今まで飲んでいたうつ病の薬の服用も影響があるようだ。
ウシクとの結婚を意識した今、自分が子供を産むことができない事実に対面しショックを受けるスジン。

ショックを受けているにも関わらずウシクが早とちりするものだからスジンもどなりたくなりますよね。

次の日、行くところがあるといってヨンホはジュウンを連れて車で外出する。そこはヨンホの母親が祀られているお寺だった。ジュウンはヨンホの母親に“息子さんを平和でセクシーにいられるよう私がそばでひっついています。こんな素敵なお子さんを産んでくれて本当に感謝します”と挨拶する。

ヨンホが母親に挨拶をしているのを待っている時、ジュウンの携帯にヨンホの祖母から明日の晩に会いたいとのメッセージが届く。ヨンホにはだまっているジュウン。

お寺を出た後、一年間離れていた時間を取り戻すべくデートを楽しむ二人。
指先が寂しいといって間接的に指輪をせがむジュウン。するともうあげているのにと言うヨンホ。実は再会の日にジュウンに渡した手作りのマフラーのリボンの中に指輪が隠されていたのだ。リボンをほどいて指輪取り出すヨンホ。

まあ~ロマンチック!と言いたいですがなり古典的な韓流ドラマスタイルだわ・・(笑)

そしてヨンホはジュウンと一生一緒にいたいというプロポーズの言葉と共に指輪をはめるのであった・・

オーマイビーナス-16話(最終回)

ヨンホからプロポーズを受け幸せいっぱいのジュウン。
結婚については自分が家族にちゃんと話をするからというヨンホに対し、急がずに一歩ずつゆっくりいこうと言うジュウン。

ジュウンが家に帰ってみるとヒョヌが来ていた。ヨンホからプロポーズを受けたことを報告する。
明日にヨンホの祖母に会うので緊張しているジュウン、事前にヒョヌと会長との会話の予行演習をしたり会長に好印象を持たれそうな服装などを考えたりして二人で対策を練る。

次の日、ウシクのオフィスにヨンホがやってきた。
ヨンホはウシクに社会復帰センターの来年の事業計画書を渡しプロジェクトを推進するようにと言う。“傷というものはそんなに簡単に回復するものではない。癌のように回復するまで長い期間を要し苦痛を伴うものだ”と。挫折や痛みを知っている元アスリートであるウシクにプロジェクトを任せる。

ヨンホ自身が幼い頃から長い期間に渡って病気と闘ってきたのでこのセンターの必要性を誰よりもわかっていますよね・・

一方、会長との約束の場に緊張しながら向かうジュウン。
席につくやいなや会長が鞄から何かを取り出そうとするのを見たジュウン。“封筒を渡そうと思っていらっしゃるようでしたら私が先に差し上げます。”と言い会長が鞄から何かを取り出す前に自ら封筒を差し出す。それはジュウンの現在の血液検査の結果だった。
“自分は甲状腺機能低下症を患っていたが一か月前に完治した。それを知らせたかった。一生食べている程の大金をいくらつまれても自分はヨンホのそばにいたい”と会長に言う。

ジュウンの話をだまって聞いていた会長。そして“年をとると頑固になるし、口元もしょっちゅう拭かないといけない”と会長。続けて“自分は反対しようとは思っていないけど。”と意外な言葉が帰ってくる。
実は鞄から何かを取り出そうとしたのはお金ではなくハンカチだったらしい・・
しかし“立派な嫁入り道具を望む。”というのが条件だと会長は付け加えた。

相変わらず早とちりのジュウンです!
しかし立派な嫁入り道具とは会長は何を望んでいるのでしょうか?お金は沢山あるので現金ではなさそうですが・・・

実は一年前にヨンホが交通事故にあった時に病室の前でジュウンが泣きながらヨンホに語りかけている姿を会長が見ていたのだった。

ジュウンはヨンホに会長と会ったこと、反対はされなかったが嫁入り道具を大きく望んでいることを伝える。おそらく会長は嫁入り道具としてひ孫を望んでいるのだと主張するジュウン。

数日後、会長宅に韓服を着て会長とソンチョルに挨拶しに来たジュウン。食事の準備を待っている間リビングにはジュウンと会長室長しかおらずひっそりとしている。“なんで誰もいないのか?”とヨンホに聞くと会長もソンチョルもそれぞれ自分の部屋にいるとの答えが。いつもみんなで集まって楽しく団らんする家庭で育ったジュウン。そんなのではいけないと会長やソンチョルにリビングへ集まってもらい皆の前で踊りながら面白おかしく歌を歌うジュウン。歌っている間、沈黙のまま見ている会長とソンチョル。いたたまれなくなって歌っているジュウンを歌うのをやめるようとめる。
だが突然、歌の歌詞を聞いて爆笑する会長。今まで笑いのなかったヨンホの家に温かい雰囲気を作るジュウン。

食事を終えてジュウンの家に戻るヨンホとジュウン。変な人と思わなかったかな?というジュウンの質問に変とは思ったかと思われたかもしれないけど祖母と父親がこんなに笑ったのを見たことがないというヨンホ。

ジュウンの温かく明るい性格で今後、ヨンホの家も変わっていくでしょうね。

二人の子供の話になりヨンホは自分が癌であったから子供に遺伝しないか心配だ。自分が子供の頃、病気だったため祖母や父親がとても苦労した。当時はその姿を見て父親のような人生は嫌だ。と思っていたが今となってみるとそうではなく自分がそのようにできる自信がない。と言う。
そもそも人生に確実なものなんてないし不安だからといって初めからやめてしまう必要はない。そしてジュウンは自分たちに似た男の子と女の子が産みたいという。

病院で治療を受けているソンチョルの病室をヨンホが訪れる。病気のことをヨンホには言わなかったのに突然やって来たヨンホに驚くソンチョルに息子だから知っているのは当然だとヨンホが言う。
ヨンホに呼ばれてヘランとヨンジュンもやって来た。父をよろしく頼みます。とヘランに言うヨンホ。

ヘランと同じく会長に黙ってカホンを守り続けてきたソンチョル。これからは家族一緒に安らかな生活を送ることができればいいですね。

ウシクはスジンの様態を病院で聞き妊娠が難しいことを知った。
辛いときはいつも一人で解決しようとわざとそっけなくするスジンに心が痛むウシク。
すまないという言葉はこれで最後にするから言わせてほしい。そして“スジンに愛している。結婚しよう”とプロポーズするウシク。

辛くてもいつも自分より他人の心配をしてきたスジン。ようやく幸せになれそうです・・

そして月日が経ち2016年夏。一か月間、医療ボランティアとして海外に行っていたヨンホが韓国に戻って来た。久しぶりに戻ったジュウンの姿を見てギョットする。顔がぽっちゃりとして昔の容貌に戻りつつあったからだ。
ジュウンは妊娠三か月であることをヨンホに伝える。喜ぶヨンホだがお腹の子供が欲しがっているという理由で食べ過ぎてすっかり太ってしまったジュウンをみて早く運動しようというヨンホ。そして仲良く家に戻っていくのであった・・・

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket