韓国ドラマ オーマイビーナス あらすじ 7話~8話 日本放送

   2017/05/02

韓国ドラマ オーマイビーナス あらすじ 7話~8話 日本放送はBSで視聴率も好調!
「オーマイビーナス」の感想とネタバレを最終回まで配信!
日本語字幕の動画とレンタルDVDも人気でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-オーマイビーナス-あらすじ-ネタバレ

このページは「オーマイビーナス」の7話~8話のあらすじを公開しています。BS11で放送予定の全16話を最終回までネタバレ!

オーマイビーナス-概要

「オーマイビーナス」は、韓国のKBSで2015年に放送されたロマンチックコメディ。原題同じ。
■韓国放送視聴率-初回:7.4% 最高:9.9%
■出演者(代表作)-ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」「主君の太陽」)、シン・ミナ(「僕の彼女はクミホ」「アラン使道伝」)、チョン・ギョウン(「ロマンス・タウン」「美女の誕生」)、ユ・イニョン(「仮面」「奇皇后 -ふたつの愛 涙の誓い-」)、ソンフン(「シンイ―信義―」「熱愛」)
■制作スタッフ-演出:キム・ヒョンソク「棚ぼたのあなた」、 イ・ナジョン「優しい男」 脚本:キム・ウンジ

あらすじ
カン・ジュウンはその美貌から高校時代に「大邱のビーナス」と呼ばれモテモテだったが、それから15年の時が経ち、弁護士となったジュウンは多忙とストレスですっかりポッチャリ体型になってしまっていた。
恋人にも振られたジュウンだったが、世界的有名なトレーナー、ジョン・キムと出会いダイエットに励むことにするが…。

スポンサーリンク


オーマイビーナス-あらすじ-7話-8話

オーマイビーナス-7話

突然、ヨンホにキスをされて動揺するジュウン。恥ずかしくてまともにヨンホの顔も見ることができず家に着くやいなやそのまま部屋に閉じこもってしまう。次の日もドキドキしてまともにヨンホに顔を合わせられない。夢にうなされながら気がつけば次の朝になっていた・・
一人ぎこちなく意識してしまうジュウンに対し何もなかったように相変わらずダイエットトレーニングを指導するヨンホ。

感情をストレートに表面に出すジュウンと必要以上に感情を表に出さないヨンホ。対照的な二人です!

その日の朝、ジュウンが事務所に出社してみるとスジンに対して中年女性がすごい剣幕でどなっていた。被害者であるその女性は加害者が金持ちで権力あるが故に貧乏な自分に対して謝罪しようともせず金で解決しようとしていることに対して憤っていたのだ。ジュウンがその女性をなだめて自分達弁護士の力が至らないことに対して謝る。

実はジュウンは学生の時に父親を仕事中の事故で亡くしている。父親が亡くなった時、ジュウンの母親はすごい剣幕で夫を返してくれと会社の責任者と担当弁護士に食い掛かるも会社側は会社の責任というより本人の過失が大きいと言い放ち、謝罪をせず金で解決しようとした。悔しがって泣き叫ぶ母親を見ていたジュウン。

大邱のビーナスだったジュウン。母親の無念な姿をみて自分は弱者の立場に立つことができる弁護士になりたいと感じたのでしょう。外見の美しさよりも自分の信念を大切にするジュウン。

会長である祖母と久しぶりに再会したヨンホ。祖母と亡くなった母親が守ってきたカホンを引き継ぐ意思があることを祖母に伝える

会長の孫として血の繋がりがある子孫はヨンホだけ。優しいヨンホは年老いた祖母の願いを断ることはできなかったようです。

仕事を終えて家に戻ったジュウン。明日の法廷出廷の為に勝負鞄を出してきた。その鞄は弁護士になった初めて勝訴したときに持っていた記念の鞄であるが去年から使っておらず鞄の中にその時から入っていたミカンが腐っていて家中が異臭騒ぎになる。

異臭が嫌だからと言って一人でドライブに出たヨンホ。車を運転しながら今日の昼に祖母との会話を思い出し考えにふける。会長秘書からの電話にカホンに入ることについて手続きを進めるよう伝える。

ドライブを終えて家に戻ってきたヨンホ。「臭い鞄が家にあるのが嫌だから」と言ってジュウンの臭い鞄の代わりに新しい鞄をプレゼントする。
部屋に帰って鞄の入っていた包みを開けてみるとそこには「俺は負けるのが嫌いだから」というメモが貼っていた。

嫌味を言いながらもいつも心ではいつもジュウンを気遣ってくれる優しいヨンホです。

次の日、裁判所からの帰り道にヒョヌから電話があり今日は息子のミンジュンの幼稚園で両親の職業について発表する日なのだが急用で行けなくなったので代わりに行ってくれと頼まれる。父親の同伴も必要だと言われ仕方がなくヨンホとジュンソン、ジウンの3人を伴って幼稚園に向かう。ジュンソンをミンジュンの叔父と偽って格闘技のデモンストレーションを子供たちの前で披露。子供たちは大興奮して父母の職業発表会は大成功に終わった。幼稚園を出たヨンホ、ジュウンとミンジュンの3人で帰りにミュージアムを訪れたりして楽しい時間を過ごす。

母親の温かさを知らずに育ったヨンホ。ジュウンやミンジュンと一緒に過ごし心温かいジュウンを見ているうちにヨンホも幸せな気持ちになっていたようです。

事務所でもトレーニングを怠らないジュウン。ある日、スジンに会議室に来るよう命令されるジュウン。クライアントが来ると聞いてスジンらと待っていると中に入ってきたのはカホンの会長室長とカホンの理事長だと紹介されたヨンホだった。
ヨンホがカホンの後継者であることを知らなかったジュウン。ヨンホを見て驚き、動揺して思わず会議室を出て行ってしまうジュウン。ヨンホはそのあとを追いかけるのであった・・・

オーマイビーナス-8話

ヨンホも法律事務所でまさかジュウンに出くわすとは思いもよらなかった。
表情には表さないものの動揺を隠せないのはヨンホも同様だった。彼もこの仕事が終わればジュウンがカホンの後継者であることを話すつもりだったのにその前にジュウンが知ることになってしまったからだ。

会議室から飛び出したジュウンを追いかけるヨンホ。すまないというヨンホに対し、
「初めは嘘、次は詐欺、挙句に欺くことまでするなんて」とジュウンはヨンホに言う。
ヨンホは「言わなかったことはすまないと思うが自分がジュウンに対して指輪をあげたか?結婚しようって言ったか?初恋の人物か?そういう間柄でもないのになんでそんなに怒るのか?」と問うヨンホ。
ヨンホの言葉を聞いて「嘘をつく人となんて恋愛なんてできない。自分が無駄に興奮したようだ」と会議室に戻るジュウン。

ヨンホの言っていることはまっとうな言葉なのですがストレートにそんな風に言われるとジュウンも傷ついてしまいますよね。

会合の後に会食があるもののジュウンは用事があると言って先に帰ってしまう。
弁護士らとの会食を終えたヨンホは先に帰ってしまったジュウンが気になり家に戻ってみるがジュウンは戻っていない。

人から騙されたり嘘をつかれることを人一倍嫌うジュウンの性格を知っているヨンホは良心の呵責があるようです。

実はジュウンは弟がチキンのお店を開いたのでお祝いに行くために大邱の実家に戻ったのだ。

するとジュウンを心配したヨンホが大邱まで会いに来てくれた。
まさかヨンホが大邱まで来てくれるとは思わなかったジュウン。急いで待ち合わせの場所に行ってみるとヨンホが手を広げて待っていてくれた。走ってヨンホの胸の中に飛び込むジュウン。

ヨンホは自分の幼い頃の話をジュウンにしてあげる。足が不自由で走りまわったりすることができなかったことや、足の治療の為に幼い頃は多くの時間を病院で過ごさないといけなかったこと、大変な時間を過ごしているときに母親が亡くなったことなど・・ヨンホの話を黙って聞いているジュウン。

必要以上に自分のことを話さないのがヨンホの会話スタイル。でもお互い正直にいる為には話すことも必要だと感じたのでしょうね・・・

仲直りをした二人、ヨンホが夜遅く一人でソウルまで運転するのも危ないのでジュウンが手をつないで寝ようという。だけれどもドキドキしてなかなか眠れない二人・・・

ヨンホがカホンの後継者であることを知ったスジンは心が穏やかではない。過去のコンプレックスによりいつも外見ばかりを意識してしまうスジン。こんなに努力して痩せて美しくなったのに太って美しさを失ってもなおも人はいつもジュウンを好きになる・・なんで綺麗になったのに皆は自分を選んでくれずいつもジュウンを選ぶのだろう・・悔しく悲しくて家で一人涙するスジン。

過去に外見の為にいつも傷つけられたスジン。美しくいつも人を引き付けるジュウンにコンプレックスを持っていたようです。ジュウンの魅力は外見の美しさだけでなく内面の美しさでもあることをスジンは気付いていないようです。

一方、ウシクはケーブルテレビで芸能プログラムを担当しているコPDと会う。コPDはジョン・キムの正体はまだ確証はないもののカホンの後継者であるキム・ヨンホと同一人物である可能性が高いことをウシクに教える。
アンナ・スーとスキャンダルが騒がれたジョン・キム。もしヨンホがジョン・キムであるこが明らかになれば今後の後継者争いにおいて大きなダメージになることに間違いない。

ヨンホがカホンの後継者になることを歓迎しないカホンの理事たち。今後、この件でひと騒動がありそうな雰囲気です。

ジュンソンらと家に向かうジュウン。戻る途中に初雪が降った。嬉しくて家に戻ってきたジュウンはヨンホに教えようとヨンホを呼ぶが応答がない。心配になってヨンホの部屋に入ってみると足の痛みに必死で耐えているヨンホがいた・・心配するジュウンに入ってくるなと叫ぶヨンホ・・・

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket