韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 142話~144話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 142話~144話 評価も高い!
BSで放送予定の「愛の香り~憎しみの果てに」の最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の142話~144話のあらすじを公開しています。WOWOWで放送される全話を結末まで公開!

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマ。全149話。
■原題-変わった家族(별난가족)
■韓国放送視聴率-初回:22% 最高:26%
■出演者(代表作)-キム・ジヌ(イニョン王妃の男)、イ・シア(イニョプの道)、キル・ウネ(オレンジ・マーマレード)、シン・ジフン(ピノキオ)
■制作スタッフ-演出:イ・ドッコン 脚本:ソン・ジヘ、チョン・ジウン

あらすじ
農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。
ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-142話-143話-144話

愛の香り~憎しみの果てに-142話

ユンジェはドンタクから逃げ回っていましたが、ついに確保されてしまいます。こいつ!一体どういうつもりだ!ちゃんと白状しろ!とドンタク。それに対してユンジェは、自分も被害者の一人なんだと言い訳をします。別に自分は不正の首謀者だったわけじゃないんだと・・。むしろ・・自分は脅かされて仕方なく加担しただけなんだと・・。

苦しい言い逃れでしたが、ユンジェは意地でも罪を被らないように身を守ります。ドンタクはユンジェへの追及をいったん諦め、今度はキム社長を追及します。ただどちらにしても、ユンジェの命運は尽きたも同然でした。仮に首謀者じゃなかったとしても、不正を知りながら黙っていたことは間違いないからです。少なくともその点に関しては、彼も相応のペナルティーを受けなければなりません。

一方、ヨンシルが身を犠牲にしたことにより、コンジュは心臓移植を受けられることになりました。そして治療が行われますが・・手術は成功したものの・・コンジュの意識は戻りません!追いつめられたユンジェは会社にもどこにも居られなくなり、国外逃亡を試みます…。

愛の香り~憎しみの果てに-143話

窮地に立たされたユンジェが復活するには、証拠を隠滅することでした。その証拠はUSBの中に収められていましたが、今はダニの手元にあります。ユンジェはこれをダニから奪えないかと隙を伺っていました。あれさえ廃棄してしまえばなんとか逃れることができる・・そう信じて!一方、そんなユンジェに対してダニは、いさぎよく自首したほうがいいと勧めます。

このまま言い逃れを続けても、自分の立場を悪くする一方だと。かえって印象を悪くしてしまうかもしれない・・だったら自首したほうがましだと。その頃、ヨンシルが身を挺して助けたコンジュは、病室で回復しつつありました。心臓移植手術が行われた直後は危険な状態にありましたが、今はその峠も越えました。あとは意識を回復させて・・体調が安定してくるのを待つのみです・・。

一方、ドンタクの調査の矛先は新たな方向に向かっていました。それはボンジュールの中ですが、彼はここに絵図を描いた人間がいると踏んでいました。そしてその黒幕を挙げれば全てが解決する・・彼はそう確信しています。ユンジェはそんなことに関係なく、早くUSBを奪って海外に高飛びすることを考えています。それは彼にとってギリギリの選択でしたが…。

愛の香り~憎しみの果てに-144話

ユンジェはダニが持っているUSBを伺っていましたが・・。ダニはそのUSBを手放して、ドンタクに渡そうとしています。会社の内部調査はドンタクが主導してやってる・・それなら彼が持っておいたほうがいいと・・。その調査は今も進められていましたが、なかなか核心部分が見えてきません。すなわち、不正事件の黒幕が誰だったかという点です。

疑わしい人物は何人もいますが、明確にこいつが犯人だと言えない状況なのです。次第に調査の時間が長引き、ドンタクたちはイライラし始めます。一方、ドンタクはユンジェに狙いを定めて調査を再開します。実はドンタクは、ボンジュールの内部に黒幕がいるんじゃないかと考えていたのです。当然ながら、ユンジェはそのターゲットの中の一人です。

ダニは調査をドンタクに任せて、自身は商品開発に取り組み始めます。ドンタクの調査で会社を浄化させる間に、会社再建の新製品を作っておかなければ・・。ダニは常に先を見越して行動することができます。また、自分がすべきことが何であるかもよく分かっています。一方、ヨンシルの納骨堂の前では・・キョンチョルが号泣していました。彼は自分の死と引き換えにコンジュを助けたヨンシルに対して、感謝の気持ちでいっぱいなのです…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket