韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 133話~135話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 133話~135話 評価も高い!
BSで放送予定の「愛の香り~憎しみの果てに」の最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の133話~135話のあらすじを公開しています。WOWOWで放送される全話を結末まで公開!

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマ。全149話。
■原題-変わった家族(별난가족)
■韓国放送視聴率-初回:22% 最高:26%
■出演者(代表作)-キム・ジヌ(イニョン王妃の男)、イ・シア(イニョプの道)、キル・ウネ(オレンジ・マーマレード)、シン・ジフン(ピノキオ)
■制作スタッフ-演出:イ・ドッコン 脚本:ソン・ジヘ、チョン・ジウン

あらすじ
農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。
ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-133話-134話-135話

愛の香り~憎しみの果てに-133話

不正はいつまでも隠し通せない・・ユンジェはそのことを自覚していたはずでしたが・・。自分に対する保身と会社に混乱を招くことを恐れて、彼は不正を隠蔽しました。ところがこの不正がついにバレてしまい、会社は大混乱に陥ります。まさか今頃こんなことになるなんて・・とユンジェは後悔しますが・・後悔先に立たずでした。

一方、いつどうやって不正が行われたかについては、何も解明されていませんでした。これから内部調査が行われるところでしたが、ユンジェは自ら自白することを差し控えます。自分も偽の材料を使用することに関与していました!ただこう言えばいいだけのことだったのですが・・彼は真実が露見するのを恐れました。一方、ドンタクは不正事件に関して自分の記憶を辿っていました。

その中で彼は、ユンジェが事件に関与していた可能性が高いと判断します。それからテレショップの評価は急激に下がり、それに合わせて株価も急落します。その頃、旅行を楽しんでいたク・コンジュが、持病を悪化させて倒れてしまいした。症状はかなり重篤で、医者によれば助かる道は唯一つ、心臓移植するしかないと・・。心臓移植だって・・まさか・・と、家族に緊張が走ります…。

愛の香り~憎しみの果てに-134話

ユンジェは会社を混乱に陥れたことで自責の念を感じていました。彼が思った以上に騒ぎは大きくなり、社長のジュランが辞任すべきかどうかという問題にまで発展します。ジュランは必死に事態に収束に務めながら社長のポストを守ろうとしますが・・。このまま真実が明らかにならなければ、辞任もやむなしという状況です。そうした中、テレショップ元代表のミンソクがソウルを訪れます。

彼はすでにテレショップとは関係がありませんが、元代表として責任があると考えたのです。このままでは会社は沈没してしまう・・それだけはなんとしても避けなければならないと!その頃、旅行中に倒れたク・コンジュは、心臓移植手術を受けるためドナーを待っていました。しかし、ドナーを待つというのは簡単なことではありません。

すぐに見つかる場合もありますが、長く待たされることもあるのです。そして運の悪いことにク・コンジュの場合は、ドナーが見つかるまでに時間がかかるとのこと。一方、ユンジェは一転して立場を変え、ジュランに追い討ちをかけることを始めます。彼は事件を収束させるためにも、ジュランを追い出して自分が社長になろうと考えたのです…。

愛の香り~憎しみの果てに-135話

偽の材料が使われた問題は、依然として収束していませんでした。調査が進めば進むほど新たな事実が浮かび上がってきて、現場を混乱させていたのです。そうした中、ミンソクがボンジュールの代表理事に就任します。彼は引退して農業をしていましたが、会社のピンチに直面して戻ってきたのです。農業の現場からソウルに再び戻るのは・・彼にとっても勇気の要ることでした。

しかし、元代表として危急存亡の危機を見過ごすことはできませんでした。その一方、ミンソクは今こそダニの力が必要だと考えました。そこでミンソクはダニに会社に戻ってくれないかと頼みます・・。ダニは会社が大変なことをよく知っていましたが、あえて誘いを断ります。ダニの頭の中には会社を思う気持ちもありましたが、ユンジェやドンタクのことを思うと・・。

一方、心臓移植のドナーを待ち続けていたヨンシルとキョンチョルでしたが、ついに吉報が届きます。ク・コンジュに適合する提供者が見つかったと・・!よかった・・これでコンジュの命が助かる・・と二人は胸を撫でおろしますが、まだ安心はできません。これから精密な検査を受けて、それに通過しても、移植手術に成功しなければ意味はないからです。会社ではミンソクが本格的な内部調査を開始し、次々に真実を明るみに出していきます…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket