韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 130話~132話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 130話~132話 評価も高い!
BSで放送予定の「愛の香り~憎しみの果てに」の最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も好調でキャストと相関図も公開!

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の130話~132話のあらすじを公開しています。WOWOWで放送される全話を結末まで公開!

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマ。全149話。
■原題-変わった家族(별난가족)
■韓国放送視聴率-初回:22% 最高:26%
■出演者(代表作)-キム・ジヌ(イニョン王妃の男)、イ・シア(イニョプの道)、キル・ウネ(オレンジ・マーマレード)、シン・ジフン(ピノキオ)
■制作スタッフ-演出:イ・ドッコン 脚本:ソン・ジヘ、チョン・ジウン

あらすじ
農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。
ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-130話-131話-132話

愛の香り~憎しみの果てに-130話

サモルに攻撃され・・それに反撃したり追及したりする日々から一転・・。ダニはサモルを守る日々を送るようになっていました。彼女にとってサモルは恨みの残る人間とはいえ、大事な姪でもあったのです。したがってダニとしては、何があってもサモルを守らなければなりません。現在のサモルは最悪な状況に追い込まれています。見境なく借金を重ねたせいで、借金取りから襲撃を受けているのです。

しかし、そこにもダニが現れて、サモルのことを必死に守ります。女性一人で戦うダニは抗しきれず負傷しますが、それでもサモルを見捨てません!それを見たサモルは、ようやく自分の罪を認めるようになります。そして激しい後悔に襲われるようになり、ダニに対しても申し訳ないと・・。

今やサモルの味方をしてくれるのはこのダニと、他にはチュンジェしかいません。そのチュンジェはサモルの今後を考え、彼女に自首することを勧めます。サモルはその言葉を聞いてから警察へ・・ではなく、ドンタクに会いに行きます。今までずっと嘘を付き続けてごめんなさい!どうか私のことを許して!サモルはドンタクこう謝罪したあと、一人どこかへ去って行くのでした…。

愛の香り~憎しみの果てに-131話

スネは一人で悩み続けていました・・。このまま逃走し続けるか、自首するか、それとも死を選ぶか・・と。彼女にとってはどの選択も現実的でしたが、悩んだ末に自首することを選びます。こうしてサモルの逃走劇は終了し、ダニの不安と心配も取り除かれます。サモルが逃走している間、ダニはずっと眠れない日々を過ごしていたのです。しかしサモルが自首したことで、その重石が取れたような気がしました・・。

一方、スネはサモルのことを心配しています。彼女にとってはたった一人の娘であり、大切に育ててきた宝のような存在なのです。その娘が・・これから警察で厳しい取調べを受けることになる!そう考えるとスネは、母親として気が気じゃありません。一方、ダニとサモル、それにスネとダニのことなど、それぞれの関係性が明らかになります。そうした中、ミンソクはひどいショックを受けていました。

スネとダニにそんな繋がりがあったなんて・・信じられない!と。サモルは警察署の中で孤独を味わいながら取調べを受けています。しかし、外ではチュンジェに熱い想いをよせてくれる人間もいました。それはユンジェの兄の・・チュンジェです!チュンジェはサモルと初めて会ったときの・・成り行きでキスしたことが今も忘れられません…。

愛の香り~憎しみの果てに-132話

サモルが逮捕されたことによって、ドンタクとサモルの婚約は解消されました。ドンタクは事件についてはショックを受けていましたが・・。婚約が解消されたことについては、心のどこかで安心していました。そもそもドンタクは責任でサモルと婚約しましたが、気持ちは彼女を愛していなかったのです。

一方、ユンジェも自分の気持ちに素直になって、ヘリと離婚することを決意しました。そしてそのことをドンタクに話しますが、ドンタクとしては複雑な心境です。ユンジェがヘリと別れたら・・迷わずにダニに向かうだろう。自分もサモルから解き放たれてダニに想いが回帰している・・。そうなるとこれからまた・・ダニを巡ってユンジェと争うことになるのだろうか・・と。

一方、何も知らないヘリはユンジェの子供を授かることを願い続けていました。そうした中、ジュランはドンタクに海外に行くよう提案します。気持ちを落ち着けるためにも、しばらくの間、留学でもしたらどうかと・・。ドンタクは反射的に余計なお世話だと思いましたが、それもありかなと考え始めます。ダニから遠く離れて一人で考えてみるのも悪くないな・・と…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket