韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 121話~123話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 121話~123話 評価も高い!
BSで放送予定の「愛の香り~憎しみの果てに」の最終回までの感想とネタバレを配信!
最高視聴率は26%越えでキャストと相関図も公開!原題は「変わった家族」

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の121話~123話のあらすじを公開しています。BSで放送予定の全149話を最終回までネタバレ!

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマです。原題は「変わった家族」。
日本ではBSのWOWOWで4月から放送予定です!
韓国での初回視聴率は22%、最高視聴率は26%を記録ました!
キャストは主演に『イニョン王妃の男』のキム・ジヌと『イニョプの道』のイ・シアを起用しています!

農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-121話-122話-123話

愛の香り~憎しみの果てに-121話

サモルはドンタクに嘘をついていました。しかもその嘘を付き続けたまま、ドンタクと結婚しようとしていたのです。ダニはこの点を指摘して、ドンタクに失礼だとサモルを非難します。仮に結婚するにしても、ちゃんと真実を伝えるべきだと・・。サモルは急所を突かれて口ごもりますが、ダニの指摘を無視します。せっかくここまで来たのに・・今さら真実なんか話せるわけない!と。

サモルはとにかく結婚することが先決だと考えます。一方、セラはすでに帰国しており、ボンジュールに向かっています。こうして徐々にサモルの嘘が暴かれようとしています。サモルが望む望まないにかかわらず、セラが登場すれば全てが明らかになります。そのときに及んでも、サモルはなおも自分がセラだと言い続けることができるでしょうか。

サモルの秘密はすでに伝染し始めており、チュンジェもそれを聞いて驚いています。一方、キョンチョルとヨンシルはソル・コンジュのもとに向かっていました。こちらもまだまだ問題の根が深く、解決には至っていません。ク・コンジュの気持ちをどう理解してあげるか・・そこがポイントになっています。ダニは・・相変わらずサモルの嘘を非難し続けています…。

愛の香り~憎しみの果てに-122話

サモルは自分の嘘がばれ始めていることに気づいていました。すでにセラは国内に帰国しており、彼女が登場すればその時点でサモル劇場は終了です。しかしそれでも・・サモルはあがき続けます。彼女はユンジェの兄・チュンジェに対して、私の名前はセラです!と言ったのです。追いつめられるのは時間の問題ですが、サモルは最後まで抵抗します。

一方、スネはミンソクから離れたいと思いながら、彼を忘れることができずにいます。ミンソクが既婚者だったのは許せないけど、でも彼への気持ちは変わらない・・と。ボクヘそんなスネを見て、ふさわしくないと感じます。人を好きになるのはいいことだけど、既婚者に対してそういう感情を抱くのはよくない!と。そこでボクヘはミンソクに会い、スネと別れてほしいと頼みます。

あなたのほうから離れればスネも諦めるから・・と。その頃、サモルはユンジェに対して疑念を抱いていました。その理由は、ユンジェがせっせとボンジュール株を購入していたからです。裏に何かあるに違いない・・サモルがそう思った矢先、彼女はUSBメモリーを発見します!一方、ダニはサモルに騙されたままのドンタクを心配しています…。

愛の香り~憎しみの果てに-123話

サモルはチュンジェに対して、自分はセラだと嘘をつきました。その後、チュンジェはサモルが嘘をついていたことを知り、衝撃を受けます。真実を知ってしまったチュンジェは悩みます。これから自分はどうすべきだろうか、ユンジェに話すべきか・・それとも・・と。考えた末、チュンジェはサモルの正体についてユンジェに話します。ユンジェは衝撃の事実を知って、素早くサモルのもとに向かいます。

そして単刀直入に事実を指摘するのでした・・。お前はセラなんかじゃない、実はダニの姪なんだろう?と。さらに、俺はこの真実を世間に公表するつもりだ・・と。一方、曖昧な関係を続けていたのはミンソクとスネですが、ミンソクはついに決断をします。彼はできればスネと一緒になりたいと思っていたのですが、それは叶わないと判断したのです。

そこでミンソクは、スネとの関係を解消しようとします。そうすればボクヘも納得してくれるし、スネのためにもなる・・と。サモルは相変わらず自分がセラだと言い張っていましたが、もはやそれを信じる者はいません。追いつめられたサモルは・・会社を休むようになります。会社に出勤すれば非難を浴びることは明らかだからです…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket