韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 25話~27話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 25話~27話 評価も高い!
「愛の香り~憎しみの果てに」のキャストと最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も高くBSで放送予定で相関図も公開!原題は「変わった家族」

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の25話~27話のあらすじをネタバレで公開しています。

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマでBSのWOWOWで全149話放送予定です。原題は「変わった家族」。
キャストは主演に『イニョン王妃の男』のキム・ジヌと『イニョプの道』のイ・シアを起用しています!
韓国での初回視聴率は22%、最高視聴率は26%を記録ました!

農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-25話-26話-27話

愛の香り~憎しみの果てに-25話

ジュランはヘリがユンジェに近づくことに反対でした。それで彼女はヘリに近づかぬよう注意したのですが、ヘリの気持ちは変わりません。いくらお母さんでも、自分が好きになった人をとやかく言われたくない。また、その人に対する思いも邪魔されたくない・・と。ジュランはヘリが本気でユンジェを想ってることを知り、注意するのをやめます。

それどころかジュランは、ヘリのためにユンジェを家に招くのでした。しかし、ユンジェにとってはありがた迷惑でした。なぜなら・・ユンジェはジュランの家に招かれる日に、ある女性と会う約束をしていたからです。その女性とは他でもありません・・ダニだったのです!ダニのほうもこの日を楽しみにしており、ユンジェももちろん楽しみにしていました。

そうしたところへジュランからの突然のお招き・・ユンジェはどうしたものかと悩みます。ダニとの約束を断れば、再三に渡ってダニを悲しませることになる。でもかといってジュランの誘いを断れば、仕事的に不利な状況が生まれるかもしれない・・。結局、ユンジェは心を鬼にしてダニとの約束を破り、ジュランの家に行きました。サモルは相変わらず勘違いを続けたまま、チュンジェにアタックし続けています…。

愛の香り~憎しみの果てに-26話

ユンジェはずっとダニに会いたいと思っていました・・その気持ちは間違いありません。しかし彼は、仕事のことやあらゆる状況を考えて、ダニと会う約束を破りました。そして・・胸を痛めながらジュランの家に向かったのです。ジュランはユンジェを温かく歓迎し、自宅で食事を振舞います。ヘリはユンジェが自分に会いに来てくれたことで、満面の笑みをたたえています・・。

一方、ダニはまたしても約束を破られたことに落胆していました。一度ならず二度までも・・いや三度目か・・この先もずっとこれが続くのかもしれない・・。それにしてもなぜユンジェは自分との約束を守らないのか?ダニは自分との約束をキャンセルにするどんな理由があったのかと考えますが・・。

その結果、事実を知って驚くことになります。なんとユンジェは自分との約束を破って、ヘリに会いに行っていた!しかも彼女の母親も一緒にて食事招待までされたという・・これって一体どういうこと!ダニはもう我慢することができずユンジェに激しく抗議します。それに対してユンジェは、何も反論することができないのでした。申し訳ない・・本当に申し訳ない・・ただ謝り続けるしかありません…。

愛の香り~憎しみの果てに-27話

ユンジェはジュランに招待されて家には行きましたが・・。そうかといって、ヘリのことを愛しているというわけではありませんでした。彼はただ、ジュランの立場を考えて行動しただけだったのです。もしジュランの誘いを断れば、会社の上司に逆らったことになる。自分はジュランの部下に過ぎない・・それを断ることはできない。そういう風に考えて、ユンジェはジュランの招待に応じたのです。

一方、ヘリはユンジェが自分のことを好きになったと勘違いしていました。そこで彼女は、ユンジェの両親に挨拶するため野菜店に向かいます。しかしこのことは、別に愛してるわけでもないユンジェにとっては迷惑千万です。今後二度と両親の野菜店には行かないでくれ・・絶対に!とヘリを注意します。ユンジェに強く言われてヘリは了解したフリをしますが、心の中ではもう一度、野菜店に行こうと・・。

一方、サモルはひょんなことからチャンスを掴み、テレビ出演することになりました。まだトップモデルには遠く及びませんが、それでも晴れの舞台に立つことになったのです。彼女の母親・スネは偶然にもサモルの出演シーンを見てしまい、ビックリ仰天!私の娘・ダニがテレビに・・テレビに・・と…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket