韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 22話~24話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 22話~24話 評価も高い!
「愛の香り~憎しみの果てに」のキャストと最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も高くBSで放送予定で相関図も公開!原題は「変わった家族」

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の22話~24話のあらすじをネタバレで公開しています。

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマでBSのWOWOWで全149話放送予定です。原題は「変わった家族」。
キャストは主演に『イニョン王妃の男』のキム・ジヌと『イニョプの道』のイ・シアを起用しています!
韓国での初回視聴率は22%、最高視聴率は26%を記録ました!

農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-22話-23話-24話

愛の香り~憎しみの果てに-22話

会いたいのに会えない・・ユンジェとダニの間ではそんな日々が続いていました。二人が約束をしてさあこれから会おうとするときに、いつも何かトラブルが起こります。そしてそのトラブルのせいで、二人は結局、会えずじまいに終わるのでした。ユンジェが暴力疑惑で警察に連行されたときもそうでした。この事件が起きる直前、ユンジェとダニは二人で会う約束をしていました。

どちらもそれを楽しみにしていたわけですが、その直後に事件が起きてしまったのです。ユンジェはやってもいない疑惑をかけられ警察に連行・・そして取調べを受けることに。こうしてダニとユンジェはまたしても会うことができませんでした。一方、ヘリはユンジェのピンチを知って、すぐに母親に相談します。彼女の母親はジュラン・・テレショップ創業者・ウテクの娘です!

そのジュランにヘリは頼んで、なんとかユンジェを助けてもらおうとします。ユンジェが暴力なんか振るうはずがない、これは絶対に何かの間違いよ!と。仮に何かをやっていたとしてもそんなの関係ない・・ユンジェは私が必ず救い出してみせる!ヘリはすっかりユンジェに熱を上げてしまっています。一方、ダニもユンジェのことを心配していましたが…。

愛の香り~憎しみの果てに-23話

サモルはできればチュンジェに近づきたい・・と考えていました。その理由は、チュンジェがとてもいい人で好きになったからではありません。そうではなく、彼のもつ立場が魅力的だったのです。サモルはチュンジェがテレショップ社長の息子だと思ったのです。そしてそういう男性と交際できれば、モデルになりやすいと考えたのです。ところがこれは・・サモルの一方的な勘違いでした。

チュンジェは確かにいい男でしたが、テレショップ社長の息子ではなかったのです。チュンジェはとある野菜店を営むご夫婦の息子・・そしてユンジェの兄だったのです!それをサモルはなぜかテレショップ社長の息子と勘違いしたのです。そして、サモルは自分の勘違いに一向に気づきません。彼女はまずサラに接近して、自分とチュンジェが会えるようにしてほしいと頼みます。

どんな形でもいいから、少しだけでもいいから、とにかくセッティングしてほしいと!一方、警察に身柄を拘束されていたユンジェは、無事に疑いが晴れて釈放されました。釈放の決め手になったのは・・彼は何も悪いことをしていないと言ったヘリの証言でした。ヘリのおかげで釈放されたということで、ユンジェはヘリに感謝するようになります…。

愛の香り~憎しみの果てに-24話

ダニは相変わらずユンジェと会えない日々を送っていますが、仕事のほうは充実していました。いやむしろ、仕事が忙しすぎてユンジェのことを考えてる暇がないという感じでした。最近は人気化粧品ブランドから新しい製品が出ることになり、その準備に追われています。やってもやっても仕事はなくならず、毎日定時を過ぎて残業ばかりしてるような状況です。

このまま働き続ければ過労で倒れてしまうかもしれない・・。そんな不安もよぎりますが、今のダニにとってはかえって好都合でした。なぜなら、一生懸命に仕事に熱中していれば、ユンジェのことを忘れることができるからです。また彼女が抱えてるさまざまな思い煩いも、仕事をしてるときは思い出さないですみます。一方、ユンジェはしつこく自分につきまとうヘリに困っていました。

ヘリはユンジェから告白を断られていたのですが、それでも諦めずにアプローチを続けていたのです。どうしたものか・・テレショップ創業者の孫娘だし・・邪険に扱うことはできない・・とユンジェ。ところが、ヘリの母親・ジュランがユンジェの救世主となりました。彼女はヘリがユンジェに言い寄っていることを知り、ユンジェに近づかないようにと注意したのです…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket