韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 7話~9話 評価

   2017/05/02

韓国ドラマ 愛の香り~憎しみの果てに あらすじ 7話~9話 評価も高い!
「愛の香り~憎しみの果てに」のキャストと最終回までの感想とネタバレを配信!
視聴率も高くBSで放送予定で相関図も公開!原題は「変わった家族」

韓国ドラマ-愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-ネタバレ

このページは「愛の香り~憎しみの果てに」の7話~9話のあらすじをネタバレで公開しています。

愛の香り~憎しみの果てに-概要

「愛の香り~憎しみの果てに」は、韓国のKBSで2016年に放送されたホームドラマでBSのWOWOWで全149話放送予定です。原題は「変わった家族」。
キャストは主演に『イニョン王妃の男』のキム・ジヌと『イニョプの道』のイ・シアを起用しています!
韓国での初回視聴率は22%、最高視聴率は26%を記録ました!

農村復興を目指している女の子のダニはある日、野菜をソウルまで運んでいる途中、財閥2世のドンタクの車に野菜の入った段ボールを踏まれケンカになる。ドンタクは後で弁償すると言って電話番号を渡すが…。 

スポンサーリンク


愛の香り~憎しみの果てに-あらすじ-7話-8話-9話

愛の香り~憎しみの果てに-7話

テレビショッピングに出演することが決まったミリは、気持ちが高揚しています。絶対に失敗してはならないという不安と、テレビに出演できるという喜び・・その両方があります。彼女はこの日のために入念な準備を行ってきました。大げさでもなんでもなく、彼女はこの日を人生の晴れ舞台と捉えていたのです。だからこそ、自分の全てを投入して死力を尽くした準備を行ってきたのです。

そしえ・・ミリが全身全霊を傾けるテレビショッピングの収録の時がやって来ました。ところが悲劇的なことに・・番組は急遽キャンセルされました!ミリが今まで用意してきたことは全て水の泡となり、彼女はひどく落ち込みます。全てを賭けてきたのに・・こんな形でキャンセルになるなんて・・こんなのってあり?と。一方、自分の全てを賭けて夢を実現しようとする人間が、もう一人いました。

それは、はつらつとしたヒョ上でエージェンシーへと出かけて行ったサモルです。サモルはモデルになるという目標を果たすため、あらゆる努力を行っています。今は特別講習を受けるところですが・・その料金はあまりにも高額でした。こんなにするの・・とサモルは一瞬怖気づきますが、すぐに気持ちを奮い立たせます。なんのなんのこれぐらい・・モデルになれると思えば安い料金じゃない!と…。

愛の香り~憎しみの果てに-8話

ミリは今まで味わったことのない屈辱にまみれていました。彼女は自分が出演する番組に向けていろんな努力と用意をしてきました・・。それなのに番組はキャンセルされてしまい、収録は行われなかったのです。そのことでミリは落ち込んでいたわけですが、そこにさらに悲劇が加わります。なんと彼女が出演することになっていた番組自体が、放送打ち切りになったのです。

ここに及んで・・ついにミリの堪忍袋の緒は切れてしまいます。もう我慢ならない!そっちがその気ならこっちもそれなりの対応をしてやる・・と。こうしてミリは完全にぷっつんしてしまい、自分のほうから一方的に契約を解除します。しかし、それでもまだ溜飲は下がりません・・。

ミリは怒りに満たされすぎていますが、同時に不安も襲ってきます。これからどうしたらいいのだろう・・まったく明日が見えない・・と。そんなミリを見守っていたダニは、優しく声をかけながら励まそうとします。一方、ミリと同じようにサモルも屈辱的な目に遭っていました。彼女は特別講習のための料金を支払ったのですが、そのお金をぼったくられてしまったのです…。

愛の香り~憎しみの果てに-9話

ダニはなんとかミリを励まそうと、ミリを連れてボンジュール会社を訪ねました。もちろん手ぶらというわけではありません・・彼女はちゃんとオーディオボックスを持参しています。ボンジュール会社の中で、ダニはさっそくジュランと面会します。ジュランは女性ながらボンジュール会社の副社長を務めています。いかにも仕事ができる女性という感じで、凡人にはない気品やオーラも出ています。

しかもこのジュランは・・ある人間の母親でもあります。その人間とはダニもよく知ってる人物・・というよりダニの野菜を踏み潰した・・ダニです!そんなダニの母親・ジュランと面会したダニでしたが、好印象を与えることはできませんでした。それどころか彼女は怪しまれてしまい、早々に追い払われてしまいます!一方、サモルは資金不足に陥って窮地に立たされていました。

彼女の夢はモデルになることですが、それどころではない事態となったのです。お金がなければレッスンも講習も受けられない・・なんとかしなければ!と。そんなとき、スンシムがサモルに近寄ってきてアドバイスをします。ブランド製品をたくさん作って、それを販売したらどうかと・・。一見まともなスンシムの提案ですが、しかし、これには大きな落とし穴がありました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket