韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 118話~120話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 118話~120話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の118話~120話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-118話-119話-120話

魔女の城-118話

ガンヒョンとダンビョルは正式に離婚しました。今までの良好な関係が嘘のように、たった一枚の離婚証書をもって・・。二人はある日を境に他人同士になったのです。ガンヒョンはまだその事実を受け入れることができず、酒びたりの日々を送ります。しかし、飲んでも飲んでも、酔っても酔っても、ダンビョルを忘れることができません。
ガンヒョンはだらしくなく酔っては道端に倒れこみ、一人で起き上がれなくなってしまいます。そこをたまたま通りかかったダンビョルが、ガンヒョンを家まで連れて帰ります。こうした生活を続けていく中、ガンヒョンはついにある病気にかかってしまいます。その病気を治すためにはすぐに病院に行かなければなりませんが・・。ガンヒョンは病院には絶対に行かないと、強く言い張ります。
ミレはそんなガンヒョンのことが心配で心配で・・夜も眠れません。このままではガンヒョンが死んでしまう・・なんとか説得しなければ・・とミレ。ミレは思い悩んだ末に、ダンビョルに頼ることを思い付きます。ガンヒョンからは彼女に関わるなときつく言われてはいましたが・・。そんなこと言ってる場合じゃないと、ミレはダンビョルに会いにいきます…。

魔女の城-119話

ガンヒョンとダンビョルは別れたはずなのに、なぜ今もミレがダンビョルに会おうとするのか。こうした問題を巡って、ミレとホドクが激しい論争を行います。ミレはガンヒョンを救うためだと主張し、ホドクはダンビョルが可哀相だと述べます。二人はつかみかからんばかりの勢いで論戦を行い、やがて双方とも泣き出す事態に・・。いつ終わるとも知れない論争が行われる中、ヒジェはそっとホドクに近づきます。
そして彼女らしくもない意外な言葉・・がんばってとホドクに声をかけます。そうした中、ダンビョルはガンヒョンに会いに行く決心をします。確かに彼とはもう別れたけれど、元妻として私には彼の体に責任がある!と。こうしてダンビョルとガンヒョンは久しぶりの再会を果たします・・。
ダンビョルはガンヒョンに会うなり、すぐに病院に行くよう勧めます。病気について本人で決め付けるよりも、まずは検査を受けることが大事だわ・・と。ガンヒョンはなお固辞していましたが、ダンビョルから超音波写真を見せられて・・。こうしてついにガンヒョンが病院で診察を受けることになりました。その一方、ダンビョルはミレのもとにも訪れます。ガンヒョンのミレに対する心境は、徐々に変化しています…。

魔女の城-120話

ガンヒョンこれまでずっと、ミレに対してわだかまりを抱いていました。幼い自分を置き去りにしてどこかへ消え去り、自分の人生を優先させてきた母親・・。そんなひどい母親のことを、素直に受け入れることができなかったのです。しかし多くの時が流れ、ミレと徐々に交流を深める中、ガンヒョンの気持ちは変化しました。今までは絶対にありえないと思ったけど・・これからはミレの子供であることを受け入れよう!
そう思えるところまで進歩したガンヒョンです。それからガンヒョンは、晴れやかな気持ちのままミレのところに向かいます。ところがその途中でいきなり警察が現れ、ミレは連行されてしまいます!なぜ警察がミレを・・と、ガンヒョンはパニックに陥ります。実はこのとき、ナムスがミレのことを警察に訴えていたのです。
結局、ガンヒョンがミレと再会した場所は警察署になってしまいました。ミレはガンヒョンに訴えて、早く釈放されるようにしてほしいと言います。ガンヒョンはその言葉を受け止めつつも、罪は償わなければならない・・と話します。そして自分はいつまでも待ってるからと告げ、興奮するミレをなだめるのでした。一方、サングクはダンビョルに意外なことを伝えます…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket