韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 115話~117話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 115話~117話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の115話~117話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-115話-116話-117話

魔女の城-115話

突然の別れを切り出されたガンヒョンは、あっけにとられて言葉を返すことができません。どうしてだダンビョル・・どうしていきなり別れようなんて言い出すんだ!ガンヒョンは平常心を取り戻してから、きっぱりとダンビョルの別れを拒否します。ありえない、君と別れることなんて・・絶対にありえない!と。
一方、ダンビョルはガンヒョンのことを考えると、別れる以外にないと考えています。ガンヒョンはミレの近くにいられることで幸せを感じている。それはガンヒョンの立場に立てばよく理解できる・・でも・・と。ダンビョルにとってミレは亡き夫の仇となる存在です。その仇の息子と一緒になるのは苦しい・・ダンビョルはそう考えるようになっていました。
一方、ガンヒョンはミレがジュニョン事件に関わっていたことをダンビョルに黙っていました。しかし、ダンビョルが全てを知ったことに気づいて、黙っていたことを謝罪します。さらにガンヒョンはホドクにも会い、同じように事件のことを謝罪します。ダンビョルは精神不安定に陥り、胎児の発育に悪影響を出すようになります・・。そうした状況の中、ミレがダンビョルを訪ねてやって来ます…。

魔女の城-116話

ダンビョルはガンヒョンに別れを切り出しましたが、本人の中でもまだ揺れていました。ガンヒョンのことは今でも愛している・・別れても忘れることはできないでしょう・・と。それでも決断せざるを得なかったダンビョルは、その苦しい胸の内をホドクに話します。ホドクはダンビョルの苦しみを知って、自分も胸を痛めます。どうしてこんなことになったのか・・昔のよかった頃に戻ることはもうできないのか・・。
一方、ダンビョルに別れを告げられても、ガンヒョンのほうは承知していませんでした。自分にはダンビョル以外にありえない、彼女がなんと言おうと俺はダンビョルと一緒になる!と。ダンビョルの決意も固いものがありましたが、ガンヒョンもそれに負けてはいません。ダンビョルが元に戻るまで説得を続けるよう・・ガンヒョンはそう考えています。
その頃、最も反省すべき人間であるミレは、意味不明なことを宣言して周囲を困惑させていました。彼女はすでにガンヒョンが自分の息子だと宣言していましたが、それに加えて新しい宣言をしたのです。それは、二人の子供についても自分が養って育てていくということです!ミレはまるで開き直ったかのように、果てしない暴走を続けていきます…。

魔女の城-117話

ガンヒョンは絶対にダンビョルと別れないと決めていましたが・・。ダンビョルのこれからのこと、彼女の気持ち、周りの状況などをいろいろ考えた結果・・。ついにダンビョルと離婚することを決意します。最後に改めて対面したダンビョルとガンヒョン・・二人の表情は悲しみに包まれています。そしてどちらからともなく、二人は涙を流すのでした・・。
ガンヒョンは涙で目の前が見えなくなる中、必死に理性を働かせようと務めます。そしてあらかじめ準備しておいた離婚届けを、そっとダンビョルに手渡します。あとはこれに記入して判を押せばいいだけだから・・と。一方、ガンヒョンはミレに対して激しく怒りをぶつけます。その理由は、ミレがダンビョルに頻繁に会いに行ってることを知ったからです。
彼女のことはそっとしておいてほしい・・しつこく関わることは許さない!と。ガンヒョンとしては、せめて今後は一切ダンビョルに迷惑をかけないようにしたいと思っていました。しかしそれを邪魔しようとするミレ・・ガンヒョンの怒りも限界に達します。一方、ダンビョルに離婚届を渡してからガンヒョンが向かったところは・・お酒でした…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket