韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 106話~108話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 106話~108話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の106話~108話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-106話-107話-108話

魔女の城-106話

ミレは自分の過去の罪に耐えられなくなり、自害しようとします。これ以上、ガンヒョンに合わせる顔がない・・言い開きをすることもできない・・と。ところが死ぬことを許されていない運命なのか、ミレは自害に失敗します。一方、ダンビョルとガンヒョンはミレが死のうとしたことを聞きます。驚いた二人はすぐに病院に駆けつけますが、ガンヒョンはミレを慰めようとしません。
それどころか、再び自殺を図ってみんなに迷惑をかけようとしたことに、激怒するのでした。死ねばそれで解決すると思ってるのか・・それでも母親か!と。一方、ダンビョルはガンヒョンとは打って変わって、ミレに同情を示します。そしてどこへも行くところがないミレに対して、屋根部屋で一緒に住まないかと誘います。
これを聞いたガンヒョンはダンビョルに抗議し、そんなこととんでもないと言います。そんなことをしたら二人の幸せはむちゃくちゃだ・・これ以上ミレに振り回されてなるものか!と。しかしダンビョルは首を振り、ミレを屋根部屋に招き入れます。一方、グモクは無事に家に戻っていましたが、サングクは驚きの連絡を受けることに・・。連絡の主は、グモクがさらわれるところを見たというのです…。

魔女の城-107話

ミレは自分がグモクの誘拐に関わっていることを、ガンヒョンに告白したいと思っていました。しかし結局それができずに、責任をとって自殺しようとしました。ところがそれも失敗してしまい・・ミレは相変わらずガンヒョンに負い目を感じる日々を送ります。そうした中、ガンヒョンは衝撃的な映像を見ることになります。その映像が明らかにしていたのは、ミレがグモクの誘拐に関わっていたということです!
それを確認したガンヒョンは、強い怒りと深い喪失感に陥ります。なんてことだ・・これは一番最悪の結末じゃないか・・まさか自分の母親が・・と。自暴自棄になったガンヒョンは、ダンビョルと一緒に生きていくことにさえ自信を失くします。あんな母親に生まれた俺は、ダンビョルのパートナーとしてふさわしくないと。そしてこの日以来、ガンヒョンは酒びたりの毎日を送るのでした・・。
一方、ミレは酒に酔って現れたガンヒョンに驚きます。ガンヒョンは酒のせいでろれつが回っていませんが、ミレにははっきり分かりました。ガンヒョンが自分に対して強い怒りと憎しみを抱いていることが・・。そしてミレはこの期に及んでもまだ言い訳をしようとします。私だってあの男に脅されていたのよ・・仕方なかったのよ・・と…。

魔女の城-108話

ガンヒョンはすでにミレの悪事について知っていましたが・・。ミレはまだ自分の非を認めようとしません。それどころか彼女は、自分が関わっていたことを示す根拠を除き去ろうと躍起になります。その証拠の一つを持っていたのがグモクでしたが、ミレはグモクの家を訪れます。そして勝手に部屋の中に入り込み、グモクの携帯を盗み出そうとするのでした。
これさえ奪うことができれば証拠はなくなる・・と。すでにガンヒョンが映像を見てしまってる以上、言い逃れはできないはずでしたが・・。ミレは少しでも立場を有利にしたいと考えたのです。しかし、ミレがいくら探してもグモクの携帯は見つかりませんでした。一方、サングクはミレのことを警察に通報しないという決断をします。
彼はミレに対して激怒していましたが、いろいろな状況を考えての苦渋の決断でした。そんなとき、思わぬ遺品が出てきてダンビョルたちを驚かせます。それは・・亡くなったジュニョンが所有していたと思われる・・一枚の覚書です。その覚書はコピーされたものでしたが、重要な情報を収めていました。ダンビョルとガンヒョンはそれを読んだあと、体の底から奮えがくるのを感じていました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket