韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 103話~105話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 103話~105話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の103話~105話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-103話-104話-105話

魔女の城-103話

ミレを脅迫している男は、ダンビョルとホドクにジュニョンの話をしてやると言いました。ダンビョルたちはジュニョンのことを聞きたいと思ったので、男が指定した場所に向かいます。一体どんな話が聞けるというのか・・ダンビョルもホドクも緊張しながら男に会いに行きます。ところがミレは二人が男に会うことを知って、あわてて男を制止します。
すると男は二人に会うのを辞め、ダンビョルとホドクはジュニョンの話が聞けなくなりました。こうしてミレは自分の悪事が暴かれるのを防ぐことができましたが・・。その代償として彼女は男ともみ合って、怪我をすることになりました。しかし傷だらけで家に帰っても、温かく迎えてくれる人はいません。それどころか彼女はナムスから、さっさと家を出ていけと言われるのでした。
出て行けって・・じゃあ私はどこに行ったらいいの?とミレは食い下がります。しかしもはやナムスは、ミレに対する同情心を一かけらも持っていませんでした。行くところならたくさんある、どこへでも自分の好きなところに行けばいい!と。ヒャンは二人のことが心配になり、思い余ってガンヒョンに電話をします。そして知らせを受けたガンヒョンがすぐにミレの家に向かいますが…。

魔女の城-104話

ホドクは家族と連携しながら必死にグモクを探していました・・。近所を探したり知り合いに連絡を取ったり、いろいろな方法を駆使しますが、それでも見つかりません。ホドク以外の家族もグモクのことを心配して探しに行きます。その様相はまさに人海戦術でしたが、しかしそれでもグモクの姿は見当たらず・・。
そうした中、ホドクは家の近くにミレがいるのを発見します。そしてミレにグモクを見なかったかと尋ねますが、ミレは見ていないと答えます。実はミレはグモクの居場所を知っていますが、ホドクに嘘をついたのです!本当のことを言ってあげたいけど・・残念ながらそれはできない・・と。ミレは心の中で一人葛藤しながら苦しみを増やしていきます。
一方、ヒジェはグモクがいなくなったのは自分のせいだと、自責の念に苦しんでいました。あのとき・・私がグモクの手を振り払って出て行ったりしなければ・・と。ヒジェは罪悪感に耐えられなくなり、ついに泣き出してしまいます!実際のところ、グモクがいなくなった原因はヒジェではなく、ミレにありました。ミレはそのことに責任を感じて、全てを正直に話そうとグモクの家に向かおうとします。もうこれ以上は耐えられない・・話して楽になろう・・と…。

魔女の城-105話

探しても探しても見つからないグモクに・・ホドクたちは不安に襲われます。もしかしたらどこかでひどい目に遭ってるんじゃ・・事故か事件か・・と。グモクに会えない時間が長くなるほど、家族はよからぬ妄想を抱くようになります。そうした中、ダンビョルはミレが誰かと電話で話しているのを聞きます。しかもそのボリュームは大きく、激しく言い争ってるような・・。
ダンビョルはこれを不審に思ってすぐにガンヒョンに伝えます。ガンヒョンはミレが何かを知ってると思い、直接会って問い詰めます。グモクがいなくなったことについて・・何か隠してることがあるんじゃないか?と。ミレは追いつめられ、ついに家を売却することを決意します。家を売ってあの男にお金を渡せば、それでグモクは帰ってくる。
最初から・・もっと早くそうしていれば良かったのよ・・とミレ。こう決心したミレは、家族に黙って一人で犯人の男に会いに行きます!そしてミレが男にお金を渡すと、グモクは無事に釈放されます。しかしこのとき、ミレはグモクがある物を所持しているのに気づいていませんでした・・。それは・・事件に関わる重要な証拠となるものでした…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket