韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 100話~102話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 100話~102話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の100話~102話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-100話-101話-102話

魔女の城-100話

ミレは自分が男に脅されていることを周囲に黙っていましたが、ガンヒョンがそれに気づきます。ガンヒョンは男がミレを訪ねてきたところに遭遇したのです。そしてガンヒョンは男がミレを脅迫するのを阻止しようとします。しかし男にミレの同業者だと説明されて、ガンヒョンは動揺します。こんな胡散臭い男の同業者がミレだって・・まさかそんな!と。
ところが実際のところ、男が言ったことはその通りでした・・。一方、とにもかくにも警察へと、ガンヒョンは男のことを通報しようとします。そうすればミレを助けられると思ったわけですが、どういうわけかミレはそれを阻止しようとします。頼むから・・警察にだけは通報しないでちょうだい!と。ガンヒョンはきちんと事情を説明しないミレに対して、ついに堪忍袋の緒を緩めます。
こんな風に息子に迷惑をかけることしかできないのに、なんで自分が親だと名乗り出たのか!俺にとっては何も嬉しくないし、負担になるだけだ!と。そこへナムスも現れて、ミレにどんな弱みがあるんだと尋ねます。一方、グモクはヒジェに対して戸籍から名前を抜けと命令します。裁判を起こすのは構わないが、家族として争うのは耐えがたいからと…。

魔女の城-101話

ミレが窮地に追い込まれる中、ガンヒョンはダンビョルと結婚します。周りでどんなことがあろうと、自分たちだけは幸せになろう!二人は新たな人生に希望を託しながら、門出となる結婚式に臨みます。その結婚式は二人にとって最高のものとなるはずでしたが・・。ヒジェの悪い虫が働いたせいで、結婚式はむちゃくちゃにされてしまいます。
一方、ナムスはミレに対する憤りを増幅させていきます。なぜなら・・彼は録音ファイルを全て聞き、全ての原因がミレだったことを知ったからです。あれもこれも全て・・策略をめぐらしたのはミレだったのか!許せない!と。そんなミレに騙されたナムスにも責任はありましたが、今は反省より怒りが先に立ちます。
一方、ガンヒョンは自分がミレの子供であることを自覚するようになります。それはミレがナムスに詰られているところを見たときのこと・・ガンヒョンは心が傷ついたのです。もしミレが赤の他人だったら、こんなに心を痛めることなかったはずだと。それはそれとして、ガンヒョンはミレのしでかしたことについては、しっかりと追求します。ミレが詐欺師だったこと・・そしてそのお金で生活していたことについて…。

魔女の城-102話

ミレに対する脅迫はホドクにも及ぶようになっていました・・。それはホドクがダンビョルたちと食事をしていたときのこと、見知らぬ男から電話が入ったのです。一体誰?こんな男私は知らないわ・・とホドク。しかし、男は構わずにホドクに話し続けます。ミレに音声ファイルを送って脅迫しているのはこの自分だ!しかしあれが全てじゃない!
他にもまだまだ・・暴露されていな真実があるのだ・・と。思わせぶりな男に対してホドクははっきり言いなさいと声を張り上げますが、電話はそこで切れます。ミレを脅迫している男がなぜホドクに電話をかけてくるのか。気になったガンヒョンはミレを呼び出して、男から電話があったことを伝えます。そしてその上で、まだ何か隠してることがあるなら正直に言ってほしいと話すのでした。
それに対してミレは、隠してることはもう何もないと答えます。ミレの目は真剣でしたが、ガンヒョンはどうしても信じられません。ミレはやっぱりまだ隠し事をしている・・残念だけど・・と。ナムスはミレと信頼関係を持つことができないと判断し、彼女に家から出ていくよう指示します。残念だが今後も一緒にやっていく自信はないと…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket