韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 88話~90話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 88話~90話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の88話~90話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-88話-89話-90話

魔女の城-88話

ガンヒョンにとっては、自分の母親などどうでもいいことでした。そんなことより彼の頭にあるのは、ダンビョルと結婚することだけです。だからこそ、ミレに自分が母親だと打ち明けられても、ガンヒョンはまったく動じなかったのです。そうなのか・・俺の母親なのか・・だからなに?という反応です。一方、ミレはDNA鑑定の結果を見せて、自分が母親であることを必死にガンヒョンに説明します。
しかしそれでもガンヒョンは心を動かしません。それどころかガンヒョンは、鑑定結果がどうであれ自分は母親だと認めないと話します。だってそうだろ?あんたは俺の婚約者であるダンビョルをさんざん苦しめてきたじゃないか!そんな人間を母親として認められるわけがないじゃないか・・と。ガンヒョンのもっともな言い分に、ミレは言葉を返すことができません。
しかし、DNA鑑定の結果、ガンヒョンがミレの息子であることは明らかなのです。ミレとしても簡単に引き下がることはできません。どうしたらガンヒョンを振り向かせることができるのか・・ミレは必死に考えます。そして悩んだ末に、ミレはふたたびヒジェに相談しに行くのでした。ヒジェはガンヒョンをダンビョルから引き離すため、快くミレに作戦を授けます…。

魔女の城-89話

ヒジェはダンビョルに対して、表向きはガンヒョンのことを諦めたように見せていました。ダンビョルはそのことに安心していたわけですが・・。あるとき、ダンビョルはヒジェがミレのことをお義母さんと呼んでいるのを見ました。それでダンビョルは、ヒジェがガンヒョンをまだ諦めていないことを知ったのです。
彼女はすぐにヒジェに詰め寄り、これはどういうことかと問い詰めます。それに対してヒジェは、あなたはミレに認めてもらっていなんでしょ?と牽制します。だったらこの私があなたの代わりになるしかないじゃない・・と。こうしてダンビョルとヒジェの対立は再び激しさを増していきます。一方、ホドクは複雑な心境で二人のことを見ていました。
ダンビョルは私にとって大事な娘・・だけどヒジェもサングクの娘だから・・と。どちらの味方をすることもできないホドクは、思い悩みます。その頃、グモクは老化が進み痴呆症を患うようになっていました。グモクは自分の衰えにショックを受けますが、家族には話さないようにとユソンに口止めします。ユソンは母が痴呆症になったこと、しかしそれでも家族を気遣おうとする様子を見て、胸を熱くします…。

魔女の城-90話

ミレはダンビョルからガンヒョンを引き離そうとしていました。その理由はもちろん、DNA鑑定書の結果でガンヒョンが自分の息子と分かったからです。この動機についてはホドクもよく理解していましたが・・。しかし彼女はミレに対して、二人を別れさせようとするのはやめろと忠告します。そんなことをしたらこの私が許さないと!一方、ホドクはミレがヒジェを利用しようとしていることも知っていました。
むしろ、ヒジェの力に頼らなければダンビョルとガンヒョンは別れさせることができないと・・。これに対してミレもホドクに反論します。あなたはそもそもダンビョルがジュニョンと結婚することに賛成だったじゃない!と。そんなあんたに私の気持ちが分かるはずがない・・ミレはそういいます。そうした中、ミレはヒジェを利用することを強要します。
一方、ヒジェは相変わらずガンヒョンを諦めていませんでした。こうした二人の現状を知って、ヒジェの父・サングクが憤りを抱きます。いまだにガンヒョンのことを諦めていないとは・・なんたる執念深さか!と。一方、サングクはグモクの意外な言葉に驚くことになります。グモクはすでに痴呆症を患っていましたが、あるとき、自分の娘の名でホドクを呼んだのです…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket