韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 85話~87話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 85話~87話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の85話~87話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-85話-86話-87話

魔女の城-85話

ミレはホドクにガンヒョンは私の息子だと話します。それを聞いたホドクは、どうせまた何か企んでるんだろうと冷たく返します。しかしミレがDNA鑑定書を差し出すと・・ホドクの顔色は凍りつきます。確かにガンヒョンのDNAと一致している・・まさか!そんなことありえな!と。一方、ミレはダンビョルとガンヒョンは結婚すべきではないと話します。
ホドクもそのことは重々承知でしたが、しかし今さら別れることなんかできないと・・。二人がここまで来るのにどれだけ苦労したか知ってるの?ダンビョルは幼いときに火事で両親を失い、記憶喪失にまでなった。ガンヒョンはそんなダンビョルを支え、励まし、彼女の記憶が戻るのを待ち続けたのよ!そんな苦労の末に結ばれた二人を今さら引き離すなんて、そんな残酷なこと私にはできないわ!と。
一方、ダンビョルとガンヒョンより一足先に、セシルが結婚することになっていました。ナムスはセシルの父親ですが、娘になにもしてやれない自分を不甲斐なく思っています。そして情けない思いを抱えたまま、ナムスはとぼとぼ歩きながら屋根部屋を訪ねます・・。一方、ガンヒョンとダンビョルは何も知らないまま、結婚に向けて一直線です…。

魔女の城-86話

ダンビョルとガンヒョンは結婚に向けて着々と準備しています。しかしそんなとき、ホドクが二人の結婚に苦言を呈します。二人は結婚を急ぎすぎている・・もうしばらく延期すべきだと・・。ダンビョルはホドクがこんな風に言うことが不思議でした。なぜなら、ホドクはガンヒョンとの結婚を祝福してくれていたからです。その喜び方はまるで自分のことのようで、今日にでも結婚したらどうか!という感じだったのです。
そんなホドクがなぜここに来て反対するのか・・。当然ながら、ダンビョルとガンヒョンはホドクに反対の理由を尋ねます。するとホドクは、ヒジェのためだと話します。自分の目の前でダンビョルとガンヒョンが結婚したら・・ヒジェはどう思うかしら?きっとショックを受けるでしょうね・・そしてショックのあまり死を選ぶかもしれない。
だから・・彼女の気持ちの整理がつくまでは結婚を待ってほしいのと、ホドクは説明します。ダンビョルにはホドクの説明がよく理解できましたが、一方で複雑でもありました。なぜなら、ホドクが自分よりヒジェを気遣っていると思ったからです。その頃、ミレはある思惑を持ってミレに接近していました…。

魔女の城-87話

ダンビョルはガンヒョンの本当の母親を知ってしまい、ショックに打ちのめされていました。こんなことなら・・無理やり親を見つけようとしなくてもよかったわ。そのほうが何も考えずにすんなり結婚できたし、ガンヒョンのためにもなったはず・・と。ミレがガンヒョンの母親であったという事実は、ダンビョルに大きな影響を与えます。それは、心からガンヒョンのことが好きになれるかという問題にも関わっていました。
なぜなら、ミレはダンビョルとホドクに数々のひどい仕打ちをしてきたからです。正直なところダンビョルは、ミレのことをよく思っていません。それどころか恨んでさえいたのです・・。そんな恨みつらみのある女性の息子がガンヒョンだったとしたら・・ダンビョルはやりきれません。そしてそれと同時に、ダンビョルはホドクが二人の結婚に反対していたことにも納得するのでした。
そっか・・ホドクはヒジェのためじゃなくて、本当に私のために結婚に反対していたんだわ・・と。ダンビョルは複雑な心境でした。ミレを責めたい気持ちでいっぱいなのに、ガンヒョンの母親だと思うとそれができないのです。一方、ホドクはミレの身勝手ないい分に腹を立て、彼女に激しく詰め寄ります…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket