韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 79話~81話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 79話~81話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の79話~81話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-79話-80話-81話

魔女の城-79話

テウォンが事故の犯人の弟だった・・!?ダンビョルは事故の真実を知らされ、大きなショックを受けます。そして、テウォンに寄せてきた感情がぐらつき始めるのでした・・。テウォンは自分にとってこの地球上でただ一人、心を許せる相手だと思ってたけど・・と。一方、ガンヒョンはしぶとくダンビョルの記憶が戻るのを待っていました。
しかし、このところダンビョルは自分の前に姿を見せてくれない・・。気になったガンヒョンは屋根部屋を訪れますが、そこにもダンビョルの姿はありませんでした。このとき、ガンヒョンは彼女が去った時のことを思い出しました。そうだ・・ダンビョルが自分の前から消えたときもこんな感じだった!と。しかしガンヒョンの心配は取り越し苦労で、ダンビョルはテウォンに会いに行っていただけでした。
そしてそのことを知ったガンヒョンは、再び落胆するのでした。ガンヒョンは途方に暮れますが・・ダンビョルの記憶を呼び覚ませるかもしれない方法を思い付きます。それは、ダンビョルに壊された時計を使うことです。あれはとてもインパクトのある出来事だった!さすがにあの時計を見せれば記憶も蘇るだろう!と。こうしてガンヒョンはダンビョルに思い出の時計を見せます…。

魔女の城-80話

ダンビョルは事故の真相を知りましたが、まだ信じられない気持ちでいました。私が唯一信じていたテウォンが事故に関わっていたなんて・・と。一方、ガンヒョンはテウォンの正体を知り、猛然とテウォンに襲いかかります。やっぱり貴様はダンビョルにふさわしくない男だ!今すぐ彼女から離れろ!と。怒りを抑えられないガンヒョンは、テウォンに殴りかかります。
しかし・・ダンビョルはそんなガンヒョンを制止するのでした。どうしてだダンビョル!なぜこんなやつを庇うんだ!とガンヒョン。それに対してダンビョルは、テウォンは私を助けてくれた命の恩人なんだと・・。ガンヒョンはこれを見て、記憶の問題は関係ないことを悟ります。仮に記憶が戻っても、ダンビョルはテウォンを庇いつづけるかもしれないな・・と。
一方、ナムスは借金まみれとなり、毎日のように借金取りに追われていました。完全に行き詰ったナムスは、あろうことかセシルの結婚資金を召し上げます。ところがそのお金は、サングクがセシルに渡したものでした・・。ナムスは少しずつ・自分の人生にヤキが回ってきたことを知るようになります。もとはといえば、ダンビョルとホドクが味わった悲劇の原因は、ナムスにありました…。

魔女の城-81話

ガンヒョンはダンビョルを残して海外に行く決心をします。ダンビョルはそれを知って、ガンヒョンに申し訳ない気持ちを抱くのでした。あなたが海外に行くのはきっと私のせいなのね・・私さえこの世にいなければ・・と。それに対してガンヒョンは、そうじゃないと否定します。今の俺はダンビョルを傷つけることしかできない、そんな俺がそばにいても意味がないんだ・・と。
それよりもダンビョルの記憶が完全に戻るのを・・離れたところで待ちたいと告げます。ガンヒョンは決して自暴自棄になっているわけではないのでした。それどころか彼は、自分とダンビョルが必ず一緒になることを確信していました。だからこそ、自信を持って海外に行くことができるのです。これに対してテウォンは、ダンビョルを捨てるのかと挑発します。
捨てるどころか・・俺はダンビョルの願い通りに行動するだけだ・・とガンヒョン。一方、セシルは結婚を控えて幸せそうにしています。今日はウエディングドレスの試着を行う日ですが、ダンビョルもそこに付き添います。するとどういうわけか、セシルがダンビョルにドレスを着て欲しいと注文します・・。そしてこの後、ダンビョルの記憶は完全に戻ることになります…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket