韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 73話~75話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 73話~75話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の73話~75話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-73話-74話-75話

魔女の城-73話

ガンヒョンはダンビョルが自分のことを認識していないことを、重々承知しています。それにも関わらずガンヒョンは、無理やりダンビョルを連れて帰ろうとします。当然、ダンビョルは嫌がる素振りを見せますが、ガンヒョンは構うことなく手をひっぱります。たまりかねたテウォンはガンヒョンに呼びかけ、君はダンビョルを愛しているのか?と尋ねます。
すると、逆上したガンウォンがテウォンを殴ります!ちょっと・・大丈夫?大丈夫?ねえ、大丈夫?ダンビョルが駆け寄った先はガンヒョンではなく・・テウォンのもとでした!ガンヒョンはそれを見て悲しくなると同時に、ダンビョルが記憶喪失になったことを受け入れます。今は記憶がないから仕方ないけど、記憶が戻ったらまた戻ってきてくれるだろう・・と。こうしてひとまず修羅場は収まりましたが、ダンビョルは相変わらず記憶が戻りません。
一方、サングクはダンビョルに会社に戻るよう勧めます。記憶は失っていても企画力のセンスとスキルは残っているだろう・・。我が社としては・・彼女の資質を手放すことはできないんだ!と。しかし、ヒジェはガンヒョンを取り戻すいい機会だと考え、ダンビョルの復帰に反対します。ダンビョルの記憶が戻らないうちに、ガンヒョンとヨリを戻しておかなければ・・と…。

魔女の城-74話

記憶がないんだから今は仕方がない・・ガンヒョンは自分にそう言い聞かせようとします。しかし、記憶がある頃のダンビョルを知ってるだけに、ガンヒョンは割り切ることができません。一方、ダンビョルは依然として記憶を失ったままでした。そうした中で、ヒジェは積極的にガンヒョンに近づいていきます。ガンヒョンのことを一度は諦めたヒジェでしたが、今を好機と捉えていました。
ガンヒョンは意気消沈していて気持ちが弱い・・今この私が彼を慰めてあげれば・・と。一方、ガンヒョンはヒジェのことを全面的に信頼することはできません。あの事故から時間が経ったとはいえ、ヒジェがそう簡単にダンビョルを許せるとは思えなかったからです。ヒジェもガンヒョンの精神状態を見て、簡単には落とせないことを王后取ります。
そこでヒジェはダンビョルに近づき、ダンビョルの暗い過去を話して聞かせます。一方のガンヒョンも、ダンビョルに自分のことを知ってもらうための努力をします。実はガンヒョンには彼の育ての親ともなったある牧師がいました。ガンヒョンはこの牧師とダンビョルを引き合わせるのでした・・。地道なやり方でも粘り強く話していけば、いつか必ず記憶が戻ると信じて…。

魔女の城-75話

グモクはテウォンに感謝すべく、テウォンとダンビョルを家に招きます。ところが二人と一緒にガンヒョンが現れたので、グモクの表情は曇ります。一方、ガンヒョンとしてもグモクの家に来たことを後悔することになります。なぜなら、グモクの家にいる間、ダンビョルは終始テウォンのことばかりに気遣うからです。
自分にはまったく興味を示そうとしないダンビョルを見て、ガンヒョンは肩を落とします。一方、テウォンはガンヒョンとヒジェが特別な関係にあったことを知るのでした・・。ダンビョルはヒジェの部屋に案内され、そこでガンヒョンとヒジェが一緒に写った写真を見ます。それでダンビョルはガンヒョンに不信感を抱くようになります・・。
この人はヒジェと密接な関係にあるのに、なぜ自分に言いよってくるのかと。しかも、ガンヒョンはヒジェとの関係を自分に伝えなかった・・。こうしてダンビョルとガンヒョンの溝はますます深まっていきます。逆に、ダンビョルはヒジェのことも考えて、ガンヒョンに近づかないようにしようと考えます。ガンヒョンとしてはまさに八方ふさがり・・とにもかくにもダンビョルの記憶が戻るのを待つしかありません…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket