韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 64話~66話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 64話~66話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の64話~66話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-64話-65話-66話

魔女の城-64話

ホドクはものすごい剣幕でヒジェとミレに詰め寄っていました。あなたたちが事故を仕組んだんでしょ!まったくなんてことしてくれたのよ!おかげでダンビョルは・・足が不自由になってしまったじゃない・・と。ホドクは二人に掴みかからんばかりの勢いでしたが、ヒジェもミレも平然としています。私達が事故を仕組んだですって?冗談言わないでよ、そんなことしてないわと。
どこで聞いたか知らないけど・・全部ホドクの勘違いよ!とヒジェ。しかし、ホドクはこの二人が事故を仕組んだことを確信していました。このままにしてはおけない・・どうやっても二人を裁かなければ・・と。ヒジェはホドクが納得していないのを見ると、すかさず彼女の前で膝を付きます。ホドクはヒジェの突然の行動に驚き、思わず絶句してしまうのでした。
実はこのとき、ヒジェはすでに気持ちが一杯一杯でした・・。一方、ホドクはヒジェのことを自分の娘にしてもいいと思っていました。彼女はそのことをダンビョルに伝えますが、ダンビョルはすぐに受け入れることができません。ヒジェは私を事故に遭わせて足を壊した女・・どうしても許せない仇。そんな仇がホドクの娘になるなんて・・そんなのありえない!と…。

魔女の城-65話

ホドクの気持ちを知ってから、ダンビョルは心が揺れていました。少し前まではヒジェのことを絶対に許さないと決めていたのですが・・。その気持ちが変化しつつあったのです。しかしその気持ちを再び揺り戻すかのように、ガンヒョンがダンビョルに声をかけます。ダンビョルをこんな目に遭わせた犯人を許すことはできない!誰が犯人であっても・・絶対に罪を償わせる必要がある!と。
ダンビョルはこの言葉を聞いて、再びヒジェを追求することにしました。一方、グモクはヒジェが警察に逮捕されるよりも、自ら自首したほうが罪も軽くなると考えていました。そこで思い切ってヒジェに自首をすることを勧めます。しかしヒジェはそれに反発して、自分ばかり悪者扱いされるのはおかしいと言って、家を出て行きます。
一方、ダンビョルはホドクの気持ちが分からなくなっていました。ホドクはヒジェが犯人であることをとっくに知っていた・・。それなのに、そのことを私に真っ先に教えてくれなかったのはなぜなの?と。ダンビョルが思ったとおり、ホドクは確かにヒジェのことをダンビョルに話していませんでした。それはひとえに・・ホドクがヒジェのことを気遣ったからです…。

魔女の城-66話

ダンビョルはホドクがヒジェを許したことについて、ショックを受けていました。それだけではなく、自分にもヒジェを許してほしいとお願いしてきたことについても・・。ダンビョルはなぜホドクがヒジェを庇うのか、その理由をよく知っています。それは・・ヒジェがサングクの娘だからです。そしてそのサングクとホドクは一緒になったのです。
そういう関係性の中で、ホドクがヒジェのことを悪く言えるはずがありません。ダンビョルはそのことを重々承知していますが、それでも納得がいかないのです。事件の犯人がもしセシルだったとしたら・・同じようにセシルのことを庇ってくれる?ダンビョルに手厳しくなじられて、ホドクは返す言葉がありません。しかしそれでもホドクは、相変わらずヒジェを庇いつづけます・・。
一方、ナムスはセシルから事故の犯人の話を聞きます。誰があんな卑劣なことをしたのか・・それはヒジェとミレなのよ!とセシル。ダンビョルはヒジェのこと以外に思い悩むことがありました。それは、車椅子生活の自分が、セシルを始め回りの負担になっているということです。このままでは迷惑をかけるばかり・・いっそのこと養護施設にでも入ろうかしら・・と…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket