韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 55話~57話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 55話~57話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の55話~57話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-55話-56話-57話

魔女の城-55話

ホドクはサングクにきっぱりと別れを告げたはずでしたが、気持ちに嘘がつけなくなります。やっぱり私はサングクのことを愛している・・彼を置いて去ることなんかできない・・と。こうしてホドクは別れから一転、グモクにサングクと交際させてほしいと頼みに行きます。ホドクとしては拒絶されることを覚悟していたのですが、グモクは思いのほか寛容でした。
むしろ、二人が愛し合っているのなら好きにすればいいと話します。私には二人の関係についてとやかく言う権利なんかないから・・と。しかし、これにどうしても納得できない女性が一人いました。それは・・ダンビョルを永遠に敵視しているヒジェです。サングクとホドクが一緒になれば、私とダンビョルは姉妹になってしまう・・。そんなの冗談じゃない!ダンビョルと姉妹になるぐらいなら死んだほうがましよ!と。
ヒジェは絶望的になり、ついに家を出て行きます。一方、ヒジェにはもう一つ絶望的な現実がありました。それは、ガンヒョンがダンビョルの正式に婚約者となったことです・・。これで私の生き甲斐はどこにもなくなった・・こうなったら仕事に打ち込むしかない。そんなとき、ヒジェはMCグループの副社長に就任しました…。

魔女の城-56話

ダンビョルはガンヒョンと婚約することになり、とても幸せな気持ちに包まれています。しかし、ダンビョルの幸せは自分のことだけではありません。愛する義母・ホドクがサングクと一緒になったことも、彼女の気持ちを喜ばせていました。離婚してから大変なことばかりだったけど、サングクに出会えて本当によかった・・。
ダンビョルはホドクの幸せを自分のことのように心から喜びます。その頃、ホドクはサングクと一緒にサングクの両親のお墓を訪れていました。今は亡きサングクの両親に向けて、ホドクは静かにメッセージを贈ります。二人の息子・サングクは私と一緒になることが決まりました・・。私は必ず二人の息子さんを大切にし、また幸せにしてみせます!と。
それから二人はグモクのところに挨拶に行きますが、今度はサングクがグモクに気持ちを伝えます。自分はグモクの子じゃないけど、グモクのことは本当のお母さんだと思ってきた・・。だから会長を辞めても、ホドクと一緒になっても、分家はしたくないと・・。グモクはこれを了承しようとしましたが、ヒジェが敢然と立ちはだかります。おばあちゃんはよくても、私は許さない、ホドクと一緒に住むくらいならここから出ていくと…。

魔女の城-57話

ヒジェの強い反対は続いていますが、それでもサングクとホドクは結婚を決断します。周りに喧騒はあっても、二人の気持ちを最優先させよう。その二人の気持ちが一つなら・・結婚しない理由はどこにもない・・と。こうしてサングクとホドクが結婚することになりました。ところが二人の結婚に納得しないナムスが結婚式に乗り込んでしまい、結婚式は大荒れに!
さらにグモクがミレとホドクの繋がりを知ってしまい、彼女まで結婚に反対し始めます。一方、ホドクは気を失ったままダンビョルたちに連れられて、家に返ります。ダンビョルは傷ついたホドクに寄り添いながら、看病します。しかしそこにヒジェが現れて、ホドクのことを詐欺師だと言い放ちます。さらにヒジェはホドクのことを、ヤンさんと呼ぶのでした。
これを聞いたダンビョルとセシルは大きなショックを受けるのでした・・。一方、ヒジェ自身も実はピンチに立たされていました。彼女は少し前に契約を勝手に破棄することを行っていましたが、このことが会社で問題視されたのです。臨時理事会の結論によれば・・ヒジェの副社長の職は解任すべきだと・・。しかし臨時理事会の動きを知ったヒジェは、必死に抵抗しようとします…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket