韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 46話~48話 面白い

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 46話~48話 面白いという感想が多数!
BSで放送予定の「魔女の城」を最終回までネタバレ!
キャストと相関図も紹介!視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の46話~48話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-46話-47話-48話

魔女の城-46話

ガンヒョンは約束したのだからヒジェと婚約すべきだと考えていました。ところがその一方、彼女はガンヒョンへの淡い気持ちも残していました。もしもヒジェのことがなければ、ガンヒョンに思いを寄せていたかもしれない・・。こうしたダンビョルの気持ちについて、ガンヒョンも気づいていました。ガンヒョンもまたダンビョルのことが好きだったのです。
しかし自分はヒジェと婚約をした・・それもまた事実だ・・と。こうした中、ガンヒョンはついに決心をします。どういう決心かというと、ヒジェを捨ててダンビョルを選ぶという決心です。ガンヒョンはダンビョルを強く抱きしめながら言います。自分とヒジェとの関係は近いうちにケリをつけるから、それまで待っていてほしいと。その頃、ヒジェの父と祖母はヒジェにガンヒョンを諦めるよう説得していました。
その理由は、ヒジェがダンビョルをひき殺そうとする罪を犯していたからです。それに加えて二人は、自分達の経験から、ヒジェがガンヒョンを得られないことも分かっていました。今以上に深く傷つく前に、ここはきっぱりと別れたほうがいい・・。ところが当の本人は・・それでは納得できません。私にはガンヒョンしかいないの・・ガンヒョンがいないと生きていけないの・・とヒジェ…。

魔女の城-47話

グモクはヒジェにガンヒョンを諦めるよう説得していました。しかしその一方で、ガンヒョンの相手がダンビョルだと知ると、すぐに二人を家に呼びつけます。そして今回のことはどういうことかと問い詰めるのですが、ガンヒョンは全てを正直に話します。その堂々とした話しぶりを見てグモクは、これはいよいよヒジェに脈がないことを知ります。
一方、ヒジェはグモクが二人を呼び付けたことを知って、激しく抗議します。それに対してグモクは改めてヒジェに、ガンヒョンのことは諦めたほうがいいと話します。ガンヒョンの心はすでにヒジェのもとにはない、ダンビョルと一心同体になっている。そんな彼に気持ちを訴えてもどうにもならない・・と。
しかし、ヒジェは祖母の説得など聞く耳を持ちません。この手にガンヒョンを得るまでは、どこまでも彼を追いかけ続けるつもりです。それでも、いくらヒジェが思いを寄せても、ガンヒョンの気持ちが変わることはありませんでした。ついにヒジェは直談判に訴えて、ガンヒョンの前でひざまずきます・・。その目にはすがるような涙・・顔はくしゃくしゃで・・とにかく私を捨てないで!と…。

魔女の城-48話

ガンヒョンとダンビョルは急速に距離を狭めつつありましたが・・。それにも負けじと、サングクとホドクの関係も近しくなっていました。ホドクはサングクの立場を知らずに会っていましたが、やがてその身分を知って驚くことに。サングクはそんじょそこらのサラリーマンなどではなく・・。なんと、ダンビョルが勤務するMCグループの会長だったのです。
私の同級生がMCグループの会長だなんて・・すごい!とホドク。ホドクはダンビョルを助けるいいチャンスだと考え、ヒジェの残忍さをサングクに伝えます。この残忍な女に私の嫁がどれだけ酷い目に遭わされたか・・と。これを聞いてサングクは心を痛めます。ホドクの嫁が傷つけられたこともショックでしたが、何より、ヒジェは自分の娘だったのです。
その自分の娘が加害者になっていたことは、父親のサングクとしては恥ずかしいことです。一方、ホドクは関係がややこしくなる前に自分は去ったほうがいいと考えます。そこでサングクに対して、運転手の仕事を辞めたいと話します。そしてこれからはこうして会わないようにしたほうがいいと・・。その頃、ダンビョルは海外に向けて出発しようとしていました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket