韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 40話~42話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 40話~42話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の40話~42話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-40話-41話-42話

魔女の城-40話

ダンビョルは何の疑いもなくホテルに向かいましたが、そこには罠がありました。彼女が会う予定だった中国のバイヤーたちは、ガンヒョンを強引に部屋に連れ込もうとしたのです。助けて!ガンヒョン!と・・思わずダンビョルは心の中で叫びます。するとガンヒョンの危機を察知したかのように、ダンビョルが現れてガンヒョンを救います。
ダンビョルを安全な場所に避難させてから、ガンヒョンはダンビョルを叱り付けます。中国のバイヤーと休日にホテルに会うだと?そんな不自然な話があるか!まったく疑わしいと思わなかったのか?ほんとに呆れたな・・と。ガンヒョンは語気を強めながらも、心の中ではほっとしていました。一方、自分が騙されていたことについて、ダンビョルはショックを受けています。
それと同時に彼女もまた、ガンヒョンが助けに来てくれたことに安心していました。それでも素直になれないダンビョルは、捨て台詞を吐いてからその場を立ち去ります。ガンヒョンは法的な手段に訴えるべきだと主張しますが、ヒジェはダンビョルが全て悪いと・・。今回のことは全てダンビョル一人の不始末だ、その責任を会社が背負うことはない!とヒジェ…。

魔女の城-41話

ガンヒョンはヒジェと婚約しましたが、ダンビョルを助けることに躊躇しませんでした。彼は傷ついたダンビョルを抱え上げ、しかるべき方法で保護します。一方、それを目にしたヒジェはガンヒョンに激しく詰ります。全てダンビョルが悪いんじゃない・・なのになんでガンヒョンが手を差し伸べるの?と。ヒジェの言う事はもっともなことでしたが、ガンヒョンはダンビョルを擁護して反論します。
もとはといえば・・お前がダンビョルに自分で責任を取れといったんだ!それでダンビョルは本当に自分一人で責任を取ろうとした。その結果がこれなんだ!わかるか!と、ガンヒョンはヒジェに対して声を荒げます。一方、ダンビョルは自分のせいでガンヒョンが責めを負わないかと不安になっていました。
しかし、確たる証拠を揃えて交渉した結果、MCグループは相手の非を認めさせることに成功します。そしてその知らせを聞いて、ダンビョルもようやく安心するのでした・・。これでしばらくは穏やかに暮らせるかな・・ダンビョルがそう思った矢先のこと・・。今度はダンビョルの不倫疑惑を指摘する謎の女性が会社に現れます!一難去ってまた一難、ダンビョルの修羅場の日々はまだまだ続きます…。

魔女の城-42話

ヒジェのもとからガンヒョンが徐々に離れていきます・・。それは物理的な意味だけでなく、気持ち的な意味でもそうです。ガンヒョンは一度、ヒジェとの婚約を決めましたが、今の彼の心にあるのはダンビョルだけです。ヒジェはそんなガンヒョンを見て焦り、急いで婚約式をしたいと言い出します。彼女の父親と祖母はそんなヒジェを、不安そうに見守っています。
一方、ヒジェはガンヒョンのことで精神的に追い込まれ、神経科に通うようになっていました。実は彼女の友人に精神科医がおり、その友人のもとに足しげく通っていたのです。一方、ガンヒョンは例の犯人について監視カメラの映像から調査していました。そしてその映像の中で、ある気になるものを発見します。それは犯人と思しき人物がなぜか、産婦人科のバッグを手にしていたことです。
間違いない、この女性に話を聞けば何かがわかるんだ!そう考えたガンヒョンはすぐにダンビョルに相談します。この監視カメラの映像に映っている女性を一緒に探してくれないか?と。するとダンビョルはガンヒョンに承諾し、二人で女性を探すことになりました。その頃、ヒジェはガンヒョンとダンビョルへの激しい嫉妬心を燃やしていました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket