韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 37話~39話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 37話~39話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の37話~39話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-37話-38話-39話

魔女の城-37話

ヒジェのダンビョルに対する嫌がらせがエスカレートしていました。その度合いが強まっていくことは、それだけガンヒョンがダンビョルに傾倒していることを示していたのです。事実、ガンヒョンは日増しにダンビョルへの想いを膨らませていきました。そんなガンヒョンを見て、ヒジェは焦りと怒りで自分を見失っていきます。ヒジェはガンヒョンの気持ちを考えず、ひたすらダンビョルを敵視して攻撃を加えていきます。
やがてヒジェの怒りの感情は、ガンヒョンにもぶつけられていくようになります。ガンヒョンはヒジェをなだめるため、自分らしくないことをするな!と言ったのです。しかしこの一言でさらにヒジェの感情が爆発し、ガンヒョンは厳しい言葉を浴びせられます。
一方、ガンヒョンはヒジェに辛く当たられているダンビョルのことを心配します。すると、それを見たヒジェがさらに怒りを増幅させて・・。このままでは収拾がつかない!自分の気持ちもまだ中途半端ではっきりしないし・・。ガンヒョンは自分とヒジェの気持ちをクールダウンさせるため、ダンビョルを遠ざけようとします。そしてダンビョルを研究所に派遣する人事を決定するのでした…。

魔女の城-38話

ダンビョルはどきどきしていました・・。ガンヒョンが口にした言葉が何を意味しているか、はっきりと分かってしまったのです。ガンヒョンは私のことを好きだと言ったのかしら・・いや・・そんなはずはない。今まで顔を合わせれば喧嘩ばかりしていたガンヒョンとダンビョル。そんな犬猿の仲のような関係が、ガンヒョンのたった一言で大きな変貌を遂げたのです。
ダンビョルは必死に自分に言い聞かせます。ガンヒョンは本気じゃない・・たぶん冗談で言ったのだろう・・と。一方、ヒジェはガンヒョンに拒否されて、ショックのあまり睡眠薬を口にします。そして彼女は意識を失い、そのまま病院に搬送されることに。その知らせはすぐにサングクを通じてガンヒョンにも知らされます。ガンヒョンは自分のせいでヒジェが睡眠薬を飲んだとことを悟り、自責の念を感じます。
そしてダンビョルに言った言葉を訂正することにしました。ガンヒョンはダンビョルに再び会い、この前言ったことは忘れてほしいと言います。ダンビョルはこれを受けて複雑な心境を抱きます。ほら、予想した通りだったじゃない・・やっぱり本気じゃなかったのよ・・と。そう思いながらも、ダンビョルの胸には熱いものが込み上げてきます…。

魔女の城-39話

ガンヒョンの本命は明らかにダンビョルでしたが、彼は自分の気持ちに嘘を付きます。諸々の事情を考えれば、自分とヒジェが結婚するのが一番いい。それで全てが丸く収まるし、ダンビョルだって幸せになれる・・。しかしいくら気持ちを押さえつけても、ダンビョルを忘れることはできません。結局、ガンヒョンは中途半端な気持ちのままヒジェと婚約します。
一方、婚約の話を聞いたダンビョルは、騒ぐ気持ちを鎮めながらガンヒョンへの祝辞を考えます。そしてダンビョルはガンヒョンのことを忘れて、仕事に打ち込むようになります。すでにダンビョルの考案したメニューは高い評価を受けており、中国で実績を挙げています。恣意的な人事で飛ばされた素人メニュー開発団でしたが・・そこでダンビョルは名乗りを上げたのです。
結果、ダンビョルは正式に採用され、本格的にMCグループの商品開発に携わることになりました。これでいい・・このままでいい・・ダンビョルは必死にガンヒョンを忘れようとします。ガンヒョンもヒジェとの結婚を進めていき、ヒジェを安心させようとします。しかしそんな折、突然ダンビョルからメールが届いて、ガンヒョンは再び心を揺らします…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket