韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 34話~36話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 34話~36話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の34話~36話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-34話-35話-36話

魔女の城-34話

ダンビョルとホドクは少しずつ互いの気持ちを理解し合うようになります。その中で二人は、あることに気が付きます。それは・・ジュニョンを葬り去った犯人がまだ見つかっていないということです。そうよ!私達は二人で喧嘩してる場合じゃないわ!ジュニョンを始末した犯人を協力して見つけ出さなければ・・と。それから二人は一緒にジュンニョンの納骨堂へと足を運びます。
その頃、ミレはナムスがホドクを心配している様子を見て、警戒を強めていました。ナムスはホドクにいい人が出来たと聞かされ、相手が誰なのか気になっていたのです。思い余ったナムスはホドクに電話をかけようとしますが、ミレはその電話を強引に切ります。一方、ナムスとミレはサングクとグモクを食事に招待し、とあるレストランへと向かいます。
するとそこにホドクが現れて、ナムスとミレは驚きます!なんでここにホドクがいるんだ・・誰に会いに来たんだ・・と。スンシムはダンビョルに対して負い目を持っていましたが、ダンビョルはそんなスンシムに近づきます。そして健康に役立つ本を彼女に手渡すのでした。ダンビョルはスンシムの弟が重病にかかっていることを知っていたのです…。

魔女の城-35話

ナムスとミレに招待されてレストランにやって来たグモクでしたが・・。サングクがなかなか現れないので、気持ちをじりじりさせます。実はサングクはレストランの前まで来ていましたが、ホドクがいるのを見て立ち去ります。それからグモクに電話を入れて、今日は行けなくなったと伝えます。その後、ホドクはサングクと落ち合い二人でゲームセンターに行きます。
そこでサングクはホドクの壮絶な過去を聞き、ショックを受けることに。ホドクは自分がナムスに浮気されたことや、家を取られたことなどをサングクに伝えました。そんなにも苦労してたなんて知らなかった・・とサングク。一方、ヒジェはダンビョルに対する恨みを募らせていきます。彼女はガンヒョン一筋でアタックしていましたが、そのガンヒョンはいつもダンビョルと一緒にいます。
そうした中で、ヒジェのダンビョルに対する怒りをさらに倍増させる出来事が起こります。それはダンビョルが怪我をしたとき・・ガンヒョンが側に寄り添って彼女を気遣ったときです!ヒジェはそれを偶然見てしまい、思わず許せない!と口に出します。ヒジェは堪忍袋の緒が切れてダンビョルに文句を言いますが、ガンヒョンはダンビョルを擁護します…。

魔女の城-36話

ガンヒョンは自分の気持ちがどこにあるのか分からなくなっていました・・。ダンビョルに対して普通じゃない気持ちを抱いるのは確かだ。でも・・彼女のことが好きなのかどうかはまだ分からない・・と。しかしガンヒョンはある光景を見て、自分がダンビョルを好きになったことを思い知らされます。それはダンビョルがフンナムと話をしていたとき、それを見たガンヒョンは苛立ちを覚えたのです。
ダンビョルのこと何も思っていなければ、こんなに気持ちが騒ぐはずがない!と。一方、ガンヒョンを取られたくないヒジェは、ガンヒョンのストーカーと化していきます。彼女は執拗にガンヒョンを付けまわし、どこへでもガンヒョンの行くところに付いていきます。それはダンビョルが絡んでいないときにまで及び、ガンヒョンを困惑させました。
そうした中、ガンヒョンは少しずつヒジェを避けるようになっていくのでした・・。逆にガンヒョンの心の中は、ダンビョルへの想いで占められるようになっていきます。一方、長らく顔を合わせていなかったホドクとミレですが、グモクの家で再会することになります。ミレはヒジェのお見合いについて話し合うため訪れたのですが・・偶然にもホドクも来ていたのです…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket