韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 25話~27話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 25話~27話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の25話~27話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-25話-26話-27話

魔女の城-25話

ヒジェにさんざんな目に遭わされたダンビョルでしたが、気を取りなおしてソース作りを行います。審査の日はすでにそこまで迫っており、今は過去をひきずってる場合じゃありません。ダンビョルはこの審査に全てを賭けているので、休日や寝る間も惜しんでソースの研究に打ち込みます。しかしこういうときに限って、レオがダンビョルになついてきます。
ダンビョルが会社に行こうとすると、レオは離れたくないといってすがってくるのです。ダンビョルは仕方なくレオと一緒に会社に行きますが、レオは急に具合が悪くなって・・。レオは大事には至りませんでしたが、ホドクに誤解されてしまい、二人の関係にまた亀裂が入ります。どうしてレオの体調を見ておかなかったの・・無理やり会社に連れて行くようなことをして・・!
ダンビョルは反論したい気持ちもありましたが、レオのために言い争いを避けます。一方、ヒジェはガンヒョンの気を引くために、ある行動に出ます。それは、置き手紙を残して家を出ていくというものです。こうすればガンヒョンは自分のことを心配してくれる・・ヒジェはそう思ったようです。実に子供じみたヒジェの作戦ではありましたが、ガンヒョンは心配してヒジェを探しに行きます…。

魔女の城-26話

ダンビョルとガンヒョンの関係はむちゃくちゃでしたが・・。レオが倒れたことをきっかけに、少しずつ距離が縮まっていきます。ガンヒョンはレオが倒れたとき、すぐに病院に連れて行ってやりました。そしてさらに、レオが持っていた壊れたおもちゃを修理することまでしたのです。こういうガンヒョンの優しさを見て、ダンビョルは少しずつ気持ちを変化させていきます。意外に・・優しいところもあるのね・・と。
こうして二人は徐々にいい感じになっていきますが、いいタイミングでヒジェが二人の前に現れます。ヒジェは表向き平然としながら、ガンヒョンに会議の時間だと告げます。しかし心の中では、ダンビョルに敵愾心を燃やしていました・・。さて、張り切って会議に臨んだガンヒョンでしたが、そこで大きな恥をかかされることになります。
ヒジェの祖母のグモクがいきなり会議室に現れて、ガンヒョンに水をかけたのです!い、いったいなにを!?とガンヒョンは驚きますが、グモクの表情は怒りに満ちていました。彼女は、ガンヒョンとヒジェが一緒にいたことが許せなかったのです。グモクは水をかけるだけでは満足せず、さらにガンヒョンに対して侮辱の言葉を浴びせて去っていきます…。

魔女の城-27話

ダンビョルは火事で両親失うという悲しい経験をしています。普段はそれを思い出すこともありませんが、火をつけたり見たりするとすぐに思い出してしまいます。そして・・ダンビョルは会社の中で自ら火をつけてしまいました。するとその瞬間、過去の悲惨な体験が脳裏に現れて、ダンビョルは気絶してしまいます。これを見たヒジェはすぐ、ダンビョルは会社に留まらせるべきではないと提言します。
周りもそれに納得していましたが、ガンヒョンだけはそれを阻止しようとします。彼女のことは負担になる部分もあるが、ここは一つ自分に預けてほしいと・・。サングクはガンヒョンの真剣な表情を見て、ダンビョルをガンヒョンに任せます。一方、病院に入ったダンビョルは気持ちが錯乱していました。
繰り返し過去の悲惨な体験がよみがえってきて、そのたびに彼女はパニックを起こします。こんな状態では会社を続けられないわ・・。そう考えたホドクは、ダンビョルに会社を辞めるよう勧めます。中途半端な状態で無理して会社に行くより、カウンセリングを受けて心を回復させたほうがいいと。ガンヒョンもホドクと同様に、ダンビョルはしばらく会社を辞めたほうがいいと考えていました…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket