韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 22話~24話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 22話~24話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の22話~24話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-22話-23話-24話

魔女の城-22話

ダンビョルは自分たちが作ったソースの味身をして、違和感を覚えていました。これは私達が作った味じゃない・・明らかに味が変わっている!そしてダンビョルは、誰かの仕業だと考えるようになります。誰かが私達を落としいれるために味を変えた・・そうよ・・それしかない!と。それに対してガンヒョンはダンビョルに、仲間を疑うつもりかと苦言を呈します。
もし誰かが味を変えたなら同僚以外にいないじゃないか。ならお前は同僚を疑うつもりなのか?なんてやつだ!と。こう言われてダンビョルは黙るしかありませんでしたが、味が変わったのは事実でした・・。一方、グスルはスンシムに疑念を抱いています。彼女の行動には不審なところがある・・まさか彼女が・・と。実はスンシムはヒジェの手先で、ヒジェのためならなんでもする女性でした。
こうしてグスルはスンシムの動きを監視するようになります。一方、セシルはユソンに優遇してもらい有頂天になっていました。彼女はずっと役がもらえるようにと祈っていましたが、その役が与えられたのです!ヒジェはガンヒョンを得るために、自分が力を貸すと言って気に入られようとします。しかしガンヒョンの中でヒジェは眼中にないようで…。

魔女の城-23話

ヒジェはガンヒョンに協力することで自分を好きにさせようとしています。しかしガンヒョンはヒジェに興味がないので、何を言われても軽くあしらいます。自分を利用すればもっと早く出世できる・・そういうことまで匂わすヒジェですが・・。ガンヒョンは中身のない出世栄達には興味がないようです。一方、ダンビョルはガンヒョンに対して相変わらず憤っていましたが・・。
あるとき、ガンヒョンの寝言を聞いてしまった彼女は、ガンヒョンを意識するようになります。その寝言の中でガンヒョンは、お母さんと呼んでいたのです。この言葉を聞いたとき、ダンビョルはすぐに自分の母のことを思い出しました。そして、おそらく自分も寝言で何度も母の名を呼んでいるということも・・。
こうしてダンビョルはガンヒョンに対して、親近感を抱くようになりました。その頃、ユソンに役を与えられて張り切るセシルが、待ちに待った撮影に臨んでいました。セシルに与えられた役は、ヒャンの夫の元妻役です!ヒジェはガンヒョンに軽くあしらわれていますが、諦めずしつこく言い寄っていきます。私だって真剣に考えて気持ちを伝えているんだから、あなたも私の気持ちを真剣に考えて!と…。

魔女の城-24話

ガンヒョンはダンビョルに同僚を疑うなと言いましたが・・。ダンビョルはヒジェがとった行動を見て、自分たちが正しかったことを確認します。そうです・・やはりソースの入れ替えはヒジェが行っていたのです。ダンビョルはこれを見て、ヒジェに対して激しく抗議します。
公平な勝負をさせてもらえないなら、自分は今すぐ会社を辞めてもいい。こんな不正がまかり通る会社にいても意味がないし、他にいくらでも雇ってくれるところある!と。しかし、ダンビョルはこのまま退社するのも悔しいと感じていました。そこでダンビョルは改めてヒジェに対して、勝負を挑みます。一方、ガンヒョンはダンビョルたちが作ったソースを評価します。
その言葉にウソはないようでしたが、ダンビョルはなぜか素直に喜べません。それより彼女はヒジェのことをずっと考えています。どうしてヒジェはあそこまで私のことを嫌うのだろう・・昔何かあったかな?と。その頃、ドラマの撮影現場ではセシルとヒャンが火花を散らしていました。序盤はセシルのほうが優勢で、ヒャンは屈辱を味わわされてしまいます。悔しい・・このままにしてはおけない・・とヒャンは反撃を誓うのでした…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket