韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 13話~15話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 13話~15話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の13話~15話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-13話-14話-15話

魔女の城-13話

今はお金がないから時計代が払えない・・そう弁解して支払を待ってもらっていたダンビョルです。ガンヒョンもそれなら仕方ないと猶予をくれていましたが、その猶予を前倒しする日が来ました。ダンビョルは必死に働いてお金を貯め、意外と早く時計代が払えるようになったのです。そしてそのお金を持ってガンヒョンのもとに向かったダンビョル・・。
しかし、ガンヒョンの反応は意外なものでした。お金を払うといっても喜ぶでもなく、終始冷たい態度でダンビョルをあしらおうとするのです。その上、心に突き刺さるような無慈悲な言葉まで浴びせてきます。一体なんなのよ・・わざわざ弁償代を持って来たのに・・とダンビョルは怒りを抱きます。その頃、ホドクたちはサウナで生活しながら凌いでいましたが、その生活が限界に達してしまいます。
ホドクはまだまだ耐えられると思っていましたが、セシルとレオが耐えられなくなったのです。これ以上はもういや・・サウナ生活はもういや・・と。ホドクは考えた挙句、ダンビョルを頼ることにしました。しかしそれよりもっと前に、セシルがダンビョルの家にいたことをホドクは知ってしまいます。ホドクはこれに怒ってダンビョルの家には住まないと…。

魔女の城-14話

ホドクは絶体絶命のピンチに追い込まれていました・・。彼女はようやく新しい家を借りることができるようになりましたが、その矢先に・・。その家を借りるための資金を奪われてしまったのです。原因は平凡なひったくりでしたが、犯人の行方は分からず、お金はもう二度と戻ってきません。どうしよう・・あのお金はなけなしのお金だったのに・・とホドクは途方に暮れます。
このままでは野垂れ死にするしかないと考えたホドクは、仕方なくナムスを頼ります。当座の資金だけで構わないから・・なんとか貸してもらえないかしら・・と。これに対してナムスは冷淡にも、こちらの条件を聞けばお金を貸してやってもいいと話します。その条件とは、ホドクがミレに謝罪することでした。この条件はホドクにとっては屈辱以外の何者でもありません。
なぜなら、謝罪してもらいたいのはこっちのほうだったからです。そもそも離婚の原因を作ったのはミレなのに、なんでそのミレに私が謝るの!?と。こうしてホドクはミレに謝罪することを拒否し、お金をもらえないままソウル駅に向かいます。ミレに謝罪するぐらいならホームレスになったほうがマシよ・・と。ナムスはお金を貸してもいいと言いましたが、ホドクは意地を張って拒否します…。

魔女の城-15話

ダンビョルはガンヒョンと会う約束をしていましたが、それどころではない事態に直面します。なんと・・姑のホドクがソウル駅で暮らしているというのです!私が懸命に愛したジュニョンのお母さん・ホドク・・ホドクは私にとってもお母さん。そのお母さんがホームレスになっちゃうなんて・・そんなの辛すぎる!と。ダンビョルはすぐにセシルと連絡をとり、ソウル駅までホドクを迎えに行きます。
その一方、ダンビョルはまたしてもガンヒョンとの約束をドタキャンしました・・その後、ダンビョルはホドクと再会し、彼女を自分の家に連れて行きます。ホドクはすっかり体力が消耗していましたが、まだ意地とプライドは保っていました。ダンビョルはホドクに一緒に暮らそうと誘いますが、ホドクはそれを断ります。私はダンビョルの世話にはならない・・絶対に!と。
ところが強気な言葉とは裏腹に体力が限界に達していたホドクは、そのまま気絶します・・。その頃、ダンビョルにドタキャンされたガンヒョンは追いつめられていました。プレゼンテーションのデータを収録したUSBメモリーが、いまだに届かないのです!そのUSBメモリーはダンビョルが持っていて、本来ならあの日に受け取れるはずでした。そう、ダンビョルがホドクを迎えに行ったあの日に…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket