韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 7話~9話 ネタバレ

   2017/05/02

韓国ドラマ 魔女の城 あらすじ 7話~9話 ネタバレを最終回まで公開!
面白いという感想が多い「魔女の城」のキャストと相関図も紹介!
BSで放送予定で視聴率も高く動画とDVDも人気!

韓国ドラマ-魔女の城-あらすじ-ネタバレ

このページは「魔女の城」の7話~9話のあらすじをネタバレで公開しています。

魔女の城-概要

「魔女の城」は韓国のSBSで放送されたハートフルラブストーリーです。BSでの放送は全72話。
キャストはチェ・ジョンウォン、ソ・ジソク、イ・ヘインらの豪華共演が実現!「彼女の神話」でチェ・ジョンウォンと共演したJohn-Hoonも出演しています!

ダンビョルはある事件で結婚直後に夫を失い、義母のホドクは彼女のことを恨んでいた。一方、ガンヒョンはダンビョルに命を救われ、彼女を捜していた…。
心に傷を負った嫁や姑などの女性たちの一つ屋根の下での生活を描いたヒューマンドラマです。

スポンサーリンク


魔女の城-あらすじ-7話-8話-9話

魔女の城-7話

ジュニョンが亡くなったことでホドクは、やり場のない怒りをダンビョルにぶつけます。あんたのせいで息子は死んだのよ・・今すぐ生き返らせてちょうだい!と。ダンビョルにとって大事な人を失くすのは、これで初めてではありません。その昔、ダンビョルは火事で両親を失くしたことがありました。しかもその火事は、自分が引き起こしたものだったのです・・。
前は両親を・・そして今回は夫を・・ダンビョルは両親の死と夫の死をリンクさせてしまいます。そして否応なく自分を責め続けるのでした。一方、ナムスはホドクに離婚を突きつけ、ホドクはこれを承諾します。実はホドクとしては承諾したものの、本気で離婚しようとは思っていませんでした。ところが、ナムスはホドクの了解を得ず、彼女の判を書類に押します。
それからホドクはダンビョルに、厳しい言葉を投げかけます。今までは同じ屋根の下で支えあって暮らしてきたけど、これからは別々の道を歩むことになる・・と。こうしてダンビョルは幸せから一転、絶望の底に叩き落とされることになりました。しかしその一方、ホドクも同じ絶望を味わっていました…。

魔女の城-8話

ホドクがダンビョルに別れを宣言してから、あっという間に数年の月日が経ちました。ダンビョルには子供がいないはずですが、なぜかその隣には小さな子供がいます。実はこの子供はセシルの息子なんですが、わけあってダンビョルが連れて歩いています。ダンビョルはこれからどこに向かっているのか・・それはアルバイト先のスーパーです!
これは彼女にとってのルーティーンでしたが、今日は一つ特別な事が起こりました。それは・・スーパーに行く途中でスリ事件に遭遇したことです。ダンビョルはスリの被害に遭ったという女性の話を聞き、すぐに犯人の後を追いかけます。そして犯人と思しき人物を捉えますが、その人物はなんとガンヒョンでした。ダンビョルはまったく気づいていませんが、ガンヒョンはダンビョルに助けられた男性です。
あのとき・・結婚式の日、ダンビョルが手当てをしなければガンヒョンは今頃・・。しかし今のダンビョルにはそんなこと関係ありません。彼女はガンヒョンをスリの犯人だと思いこんで、激しい攻撃を加えていきます。その頃、夫に離婚されたホドクも新しい生活を軌道に乗せていました。彼女は今、タクシーの運転手として働きながらなんとかやり繰りしています…。

魔女の城-9話

スリの犯人と間違えられて、ダンビョルにぼこぼこにされてしまったガンヒョン。自分の体もダメージを受けましたが、それ以上に許せなかったのは時計を壊されたことです。その時はガンヒョンにとって大切な時計であり、また高価な物でもありました。怒りが収まらないガンヒョンは、ダンビョルに対して弁償代を請求します。しかしダンビョルは800万ウォンという金額を聞いて、そんな大金払えないと白旗を振ります。
もう少し減額してくれれば払えるかもしれないんだけど・・とダンビョル。ところが怒り心頭のガンヒョンはそれを許さず、必ず800万ウォンを払ってもらうと言います。一方、ホドクはナムスに対して激しい怒りを抱いていました。離婚の原因はナムスが作ったにも関わらず、なぜか自分ばかりが損をしている!これじゃまるで、こっちが加害者みたいじゃない・・どういうことよ!と。
しかし、ナムスにぎゃふんと言わせるためには、ミレをなんとかしなければなりません。ホドク自身もそのことをよく知っていました。ナムスの身勝手な行動は全て、ミレの差し金によるものだと・・。むしろ、ナムスはミレの言いなりになっているだけだということを、ホドクはよく知っています…。

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket