韓国ドラマ チュノ〜推奴〜 あらすじ 3話~4話 キャスト

   2017/05/02

韓国ドラマ チュノ〜推奴〜 あらすじ 3話~4話 キャストと相関図も公開!
BSで放送予定の「チュノ〜推奴〜」の最終回までのネタバレと感想を配信!
主題歌入りOSTと日本語字幕の動画も人気!

韓国ドラマ-チュノ〜推奴〜-あらすじ-ネタバレ

このページは「チュノ〜推奴〜」の3話~4話のあらすじをネタバレで公開しています。

チュノ〜推奴〜-概要

「チュノ〜推奴〜」は韓国のKBSで2010年に放送された歴史ドラマです。全24話。
「推奴」とは史実には登場しないものの、李氏朝鮮時代に実在したと考えられている、逃亡した奴婢(奴隷)を捕らえて連れ戻す職業のことです。
このドラマは推奴の男と追われて逃亡する奴婢、そしてその2人の間にいた女性を巡り展開していきます。
キャストは主演にチャン・ヒョクを起用し、韓国での瞬間最高視聴率は41.9%、平均視聴率も32%を記録しています!

スポンサーリンク


チュノ〜推奴〜-あらすじ-3話-4話

チュノ〜推奴〜-3話

前回で訓練院から逃げ出してきたソン・テハ(オ・ジホ)。
それを追ってきた推奴(チュノ)師イ・テギル(チャン・ヒョク)、チェ将軍(ハン・ジョンス)。
ソン・テハとテギルの戦闘シーンから始まります。
一緒に逃げてきた奴婢たちも頑張って逃げようとしますが、チェ将軍に捕まってしまいます。
チェ将軍ったら、ヒドイ人・・・(笑)

戦うテギルとテハ。
そこにチョン・ジホ(ソン・ドンイル)一味が現れ、二人に向かって矢を放ちます。

ジホの子分が「テギルが死ぬぞ」とジホに言います。
「殺そうとしてるんだ」とジホ。
「仲間だったのに」と子分。
そんなに悪人の集まりってわけでもないんですよね、この人たち。

矢はテギルの脇腹をかすり、テハの肩に刺さりましたが、間一髪のところをチェ将軍によって阻止されます。

酒屋にてテギル(チャン・ヒョク)の傷の手当をするチェ将軍。
テギルは自分かテハより不利だったことを認めたくない様子。
そこにワンソン(キム・ジソク)が駆け込んできて、テギルに泣いてすがります。
テギルが重症だと思ったんですね。
でもテギルが死なないとわかると女の下へ・・・。
さすがワンソンです。なんか最中の途中だったようです(笑)←18禁

町ではテギルが奴婢に斬られて瀕死だと噂が流れています。
チョン・ジホ(ソン・ドンイル)が適当に作り話をして、自分の武勇伝として民に語っています。

テギルはオ捕校に捕まえた奴婢たちの分のお金を貰おうとしますが、オ捕校は一人(テハ)を逃がしたから払えないと言います。

酒屋では、テギル、チェ将軍(ハン・ジョンス)、ワンソン(キム・ジソク)が話をしています。
チェ将軍は「ソン・テハは武術でかなう者はいないと言われている男だから、やめた方がいい」と言いますが、テギルは聞き入れません。
「昭顕世子の死後のことなどに関わっていた人物かも知れないから、巻き込まれたらやっかいだ。危険すぎる」とも言います。
さすが年の功。先見の目をもっていらっしゃる♪

そんなこんなな真面目な話をしている時にでも、女の元へ出かけていくワンソン。

・・・・・(笑)

世子のお墓の前で世子と共に過ごした日々のことを思い出し、泣いているソン・テハ(オ・ジホ)。
ソン・テハには忠誠心ってやつがあるんですね。

オ捕校がチョン・ジホ(ソン・ドンイル)に対してもお金を誤魔化そうとしています。
推奴(チュノ)師に奴婢を捕らえさせ自分の手柄にし、出世を狙ってるんですね。
その上、お金はちゃんと払わない。
オ捕校はズルイ役人です。

町ではサダン(旅芸人)が芸をしています。
サダンの中にはソルファ(キム・ハウン)もいます。
女好きなワンソン(キム・ジソク)は大はしゃぎですが、テギルとチェ将軍に連れ戻されます。
その後、やいやい言ってるとこなんか、まるで子供です(笑)

夜になり、身売りが嫌になったソルファ(キム・ハウン)は、サダンから逃げ出します。
逃げ込んだ先は、酒屋の推奴(チュノ)師テギル一味の元。
そこへサダンの追っ手がきて、「若い女が来なかったか?」と聞きます。
ついとぼけてしまうワンソンとチェ将軍。
テギル(チャン・ヒョク)は情報を与える代わりにお金をよこせと言います。
んで、始まる格闘シーン。
いつも流れる音楽がかっこいいですね。

サダンの追っ手の帰った後の酒屋。
テギル(チャン・ヒョク)、チェ将軍(ハン・ジョンス)、ワンソン(キム・ジソク)、そしてソルファ(キム・ハウン)が部屋にいます。
ソルファは生意気で可愛くて、ワンソンはアホすぎます(笑)

テギルは追い出そうとしますが、ソルファは出て行こうとしません。
「私がサダンになったのは、幼少の頃に貧しさの為に売られていった母を探すためだ」と言います。
テギルたちはこれからソン・テハ(オ・ジホ)を探す旅に行こうとしています。
ソルファもそれに同行することになりました。
ワンソンだけは女を連れて行けば炊事洗濯も自分がやらないでいいし、下心満々なので喜んでいます。

奴婢たちが集まって、両班と奴婢が逆転した世の中を作るためにはどうしたらいいか話し合いをしてます。
そこにオッポク(コン・ヒョンジン)がやって来ます。
奴婢たちは「私たちの団に入らないか?」とオッポクを誘います。
オッポクの猟師としての銃の腕に期待しているようです。
奴婢たちはオッポクに、一丁しかない火縄銃を見せ、両班狩りをやると言います。
その話をチョボク(ミン・ジア)が盗み聞きしていましたが、奴婢たちにばれて殺されそうになります。
チョボクは自分も仲間になるから殺さないでくれと頼みますが、聞き入れてもらえません。
オッポクは「世直しに俺の腕を貸すから、チョボクも仲間に入れてくれ」と頼みます。

オッポク(コン・ヒョンジン)は手始めに、推奴(チュノ)師イ・テギル(チャン・ヒョク)をやりたいと言います。
「奴婢を捕まえて売り飛ばす両班の手先だ」と。

オッポクはテギルが奴婢を逃がしてあげてることとか知らないからねぇ・・・。
と言っても、みんなじゃないしな・・・。

とある酒場では、男装をしたオンニョン(イ・ダヘ)が男たちに紛れて泊まっています。
朝になり、そっと酒場を後にするオンニョン。

役人の馬と服を奪い、傷を追いながらも逃亡を続けるソン・テハ(オ・ジホ)。

オンニョンは山道で、オンニョンが女だと気付いて酒場からついてきた男たちに襲われそうになります。
そこに傷の為に意識の朦朧としたテハが通りかかり、オンニョンを男たちから助けます。
男たちが逃げた後、その場に倒れてしまうテハ。
オンニョンは通りかかった役人に助けを求めようとしますが、テハに止められます。

馬小屋の前では、イ・テギル(チャン・ヒョク)、チェ将軍(ハン・ジョンス)、ワンソン(キム・ジソク)が旅支度をしています。

そんなテギルを遠くの屋根の上からオッポク(コン・ヒョンジン)の銃口が狙っています。

オッポクの撃った弾にあたり、馬から落ちたテギル。

  

チュノ〜推奴〜-4話

馬小屋の前でオッポク(コン・ヒョンジン)に撃たれ、馬から落ちた推奴(チュノ)師イ・テギル(チャン・ヒョク)。
幸い弾は額を掠っただけで、命に別状はありませんでした。

テギルは、チェ将軍(ハン・ジョンス)とワンソン(キム・ジソク)に指示を出し、オッポク(コン・ヒョンジン)を追わせます。
二人がオッポクを探すシーン、音楽と見せ方がなかなかかっこいいです。

テギルが起き上がらなかった為、テギルは死んだと勘違いしたチョボク(ミン・ジア)とオッポク。
チェ将軍とワンソンがテギルに指示された場所に着いた時には、オッポクはいなくなっていました。

・・・ワンソン、無駄な宙返りとかしてなければ間に合ったんじゃね?(笑)

酒屋ではテギル(チャン・ヒョク)が馬医に傷の手当をしてもらっています。
女将と若女将は相変わらず、チェ将軍チェ将軍。
女将は若女将にアドバイスする振りをしながら、自分の思うように事を進めていこうとしています。
うんうん、いるよね、こういう女・・・(笑)

ワンソンが、今までの分け前を分けておこうと言います。
テギルが死んだら、今までの取り分をちゃんともらえないと考えたからです。
でも、あっさり話は流され、ワンソンは一人でプンスコ怒ります。

チェ将軍は、ソン・テハ(オ・ジホ)絡みで狙われたんじゃないかと疑います。

「ところで、お兄さん・・・食事は??」
空気読めないソルファ(キム・ハウン)が可笑しくて可愛いです。

山の中で、オッポク(コン・ヒョンジン)と奴婢仲間が話をしています。
オッポクはテギルを殺せなかったのを気にしている様子。
チョボク(ミン・ジア)もみんなの役に立っているようで、仲間として認められているようです。

山寺では、気を失ったままのソン・テハ(オ・ジホ)がオンニョン(イ・ダヘ)の手当てを受けています。

ソン・テハは昔の夢を見ていました。
ソン・テハには奥さんと乳飲子の子供がいて、どちらも清国の兵士に殺された時の夢です。

意識を取り戻したソン・テハ(オ・ジホ)は、礼を言い山寺を去ろうとしますが、怪我がひどいのでしばらく滞在していくようにと僧侶とオンニョンに引き止められます。
オンニョンは「私も助けていただきました。恩返しをさせてください」と言います。

でも実は、オンニョンがテハに助けられるのは二度目なんですよね。
テギル(チャン・ヒョク)がまだヘタレ坊ちゃんだった頃、屋敷を清の兵に襲われ、テギルとオンニョンが殺されそうになった時に助けてくれたのが、まだ武将だったテハ。
つまり、テギルにとっても命の恩人ってことなんですよねぇ・・・。

オンニョン(イ・ダヘ)は、テギルの供養の為にこの山寺に立ち寄ったようです。

ファン・チョルン(イ・ジョンヒョク)が自分の屋敷に帰ってきました。
部屋にはチョルンの妻イ・ソニョンがいます。
ソニョンは障害を持っていて、口も上手く利けず、体も不自由です。

チョルンに「おかえりなさい」と言いますが、チョルンに無視をされて悲しそうです。

ファン・チョルンの妻、イ・ソニョンの父であり、朝廷の権力者・左相大監でもあるイ・ギョンシクとチョルンがお酒を交わしています。
左相大監は、ソン・テハを邪魔する為、ソン・テハが尋ねるであろう人たちを、ファン・チョルン自ら殺せと命じます。
が、ファン・チョルンは、公務を理由に断ってしまいます。

ファン・チョルンは、ソン・テハ(オ・ジホ)と共に戦った時の事を思い出しています。
彼にもまた、何か複雑な思いがあるようです。

母の元を尋ねるファン・チョルン。
お母さんには優しいのよね。
これからだんだん、にっくきこの野郎になっていくのに複雑だわ・・・。

役所(?)の部屋では、左相大監と部下が話しています。
訓練院の馬小屋の奴婢たちと、ソン・テハが逃げ出したことを話しに持ち出し、責任者のファン・チュルンを免職にし、投獄せよと命じます。
婿なのにっ!

やっぱこれって、この前の人殺しを断ったからよね・・・。

ファン・チョルン(イ・ジョンヒョク)は命令を下したのが左相大監だと知り、ショックを受けます。

ファン・チョルンは牢獄に入ります。
牢獄の中には、先輩罪人の頭領がいて、「ひざまづいて、挨拶をしろ」と言われます。
もちろん、ファン・チョルンが言うことを聞くはずもなく、罪人たちと乱闘に。

あっさり罪人たちを負かしてしまうわけですが、この牢獄の頭領とやら・・・よく見ると「僕の妻はスーパーウーマン」のハン部長役のチェ・チョロなんですよねぇ~。
ハン部長の役は、夫婦揃って大爆笑させてもらったので、こんなとこでお会いできて嬉しい限りです。
ファン・チョルンとやり合うシーンもコミカルで笑っちゃいました。

推奴(チュノ)師イ・テギル(チャン・ヒョク)は、左相大監に呼び出され、ソン・テハを捕らえてくるように命じられます。
テギルは五千両の報奨金を前払いでもらい、この話しを引き受けます。

期限は一ヶ月。
「期限を過ぎたり任務に失敗した場合、お前の首はもらう」と言われました。

テギル(チャン・ヒョク)、チェ将軍(ハン・ジョンス)、ワンソン(キム・ジソク)は、ソン・テハを探す旅に出ます。
報奨金は五百両だと嘘を付きましたが、ワンソンは大喜びです。
チェ将軍だけは、高い報奨金に心配をしています。
でも、ほんとはもっと高いんだぜ?チェ将軍・・・。

チェ将軍には、テギルたちに対する愛があるんです♪

パン画伯が若女将に絹の織物を持ってきます。
パン画伯は若女将にお熱を上げています。
それを利用して、パン画伯と若女将をくっ付けようとする女将。
チェ将軍にも「若女将とパン画伯は好き合ってる」と嘘を吹き込みます。
女将、若女将、パン画伯、この三人の話しも、筋道とは関係ないけど面白くなっていきます。

山寺に滞在するソン・テハ(オ・ジホ)の傷も随分良くなってきました。
寺の中ではオンニョン(イ・ダヘ)が、死んだと思っているテギルの供養を続けていました。
それを見つめるソン・テハ。

ソン・テハ(オ・ジホ)は、オンニョンと僧侶に別れを告げ、山寺を後にします。

ソン・テハは、山寺を出てしばらくすると、オンニョン兄のよこした追っ手ペッコたちに出会いました。
オンニョンの顔が描かれた手配書を見せられますが、「はじめて見る顔だ」と答えます。
テハは、ペッコたちの会話から、ペッコたちが山寺に向かっていることを知ります。

また、オンニョンの婿両班の雇った女刺客もオンニョンを探していて、ペッコたちの仲間を殺してしまいます。

山寺でオンニョンは自分の髪を切り、僧侶に差し出すと、「彼(テギル)の法事を毎年お願いします」と言うのでした。

山寺を出て行こうとするオンニョンの元へ、ペッコたちが現れました。
ペッコたちはオンニョンの為、無理やりオンニョンを連れ帰ろうとしますが、そこに戻ってきたソン・テハ(オ・ジホ)に阻止されてしまいます。
ペッコたちをあっけなく倒したソン・テハとオンニョンは、一緒に忠州に向かうことになりました。

山寺を後にするソン・テハとオンニョン(イ・ダヘ)。
その後、すぐに推奴(チュノ)師イ・テギル(チャン・ヒョク)がソン・テハを探して山寺に現れます。

テギルが僧侶に向かって言います。
「偽の坊主、久しぶりだな。」

この僧侶、なかなかの不良坊主で笑えました。
オンニョンやテハには、一度もそんな姿見せなかったのに(笑)

テギルは僧侶に、ソン・テハの手配書を見せますが、「とっくに発った」と言われてしまいます。
今度はオンニョンの絵を見せます。
僧侶は「まだ彼女を?」と。

なんで僧侶はオンニョン(イ・ダヘ)のことをテギル(チャン・ヒョク)に教えてあげないんでしょうか。
テギル、可哀想に・・・。

テギル、チェ将軍(ハン・ジョンス)、ワンソン(キム・ジソク)、そしてソルファ(キム・ハウン)はソン・テハとオンニョンの後を追います。

山道で歩きづらいオンニョンに対し、自分の剣を差出し掴ませるソン・テハ。
手は握らないんですね。
いや~、硬派だわ~♪

テギルたちが追いついた時には、ソン・テハとオンニョンは船に乗り、川を下っていました。

逃亡奴婢ソン・テハと一緒にいる女がオンニョンだと気付かない推奴(チュノ)師イ・テギルは、船に向かって弓を構えます。

  

スポンサーリンク


おすすめの韓国ドラマ

おすすめ記事&広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket